東大卒シングルファーザーの中学受験備忘録

24話 繰り上げ

2019.09.09

author
堀 杜夫
Main Image
  • 公立一貫校のほか私立の一部にもある繰り上げ合格は、国内線旅客機の空席待ちに似ている
  • 序列上位の学校が繰り上げ合格を出すと、その下の学校の合格者が抜けて定員に穴が開き、さらに下の学校の合格者が抜けるという連鎖が起きる
  • 繰り上げ合格の確定を待つ受験(受検)者や保護者からすると、やきもきした時間を過ごすことになる

繰り上げ合格の功罪

都立X校の場合、9日(金)の合格発表時には定員の男女各60人しか合格者を発表しませんが、例年、入学辞退者が数人出ていました。併願していた私国立の難関校にも合格し、そちらに進む子がいるようです。その穴を埋めるため、ボーダーラインをわずかに下回った不合格者には、繰り上げ合格候補者であることと繰り上げ順位が通知され、高順位の受検生の保護者から順番に電話がかかってきて、入学の意思確認を求められるのです。

国内線旅客機の空席待ちに似ていて、公立一貫校だけを受ける子どもには福音でしょう。ですが、私立への入学手続きをすませた併願組が繰り上げ合格を受け入れると、入学金20万~30万円程度を放棄することになります。繰り上げの時期が遅ければ、新調した私立の制服も無駄にすることになりかねません。その点、私立に特待合格していれば、入学金が無駄になるリスクはなくなります

続きを見る

新着記事