東大卒シングルファーザーの中学受験備忘録

最終話 1000点満点のものさし

2019.09.30

author
堀 杜夫
Main Image
  • 都立一貫校は合格発表後、受検生や保護者からの求めに応じて適性検査の得点を開示する。「データ収集のため」として塾から依頼されることも
  • 文系・理系の両方の能力がともに優れていなければ都立一貫校の合格は難しいが、そこに「死角」はないのか
  • 現代社会では多様化の担保が課題。中学入試でも多様化が進む。特定能力で突出した子を受け入れる余地があってもいいのでは?

検査得点表から見えたこと

ここにA4判1枚のペーパーがあります。題して「検査得点表」。受検番号と娘の名前、そして適性検査Ⅰ~Ⅲの点数が印刷された、そっけない文書です。末尾には、日付と都立一貫X校の校長の名前があります。

合格発表から約1カ月後、娘の第1志望校だった都立X校の得点開示が始まりました。受検生本人や保護者が請求すれば、適性検査の点数を教えてくれるのです。私立中の多くは受験当日の夜に合格者を発表するのに対し、都内の公立中高一貫校の適性検査は合格発表まで中5日もかけて採点しています。適性検査の記述問題は採点の公正性・公平性がより強く求められるだけに、あえて点数開示に応じているのでしょうか。

塾の先生からは、翌年の下級生の対策のためデータ収集に協力してほしいと言われていました。娘も私も、不合格だったとはいえ、点数は知りたいと思っていました。3月上旬の平日の午前、しんと静まり返ったX校の事務室に一人で赴き、指定の書類を記入して提出すると、検査得点表はすぐに交付されました。

得意の適性検査Ⅰ(読解・作文)は7割がた取れていましたが、適性検査Ⅱ(算数・理科・社会)と適性検査Ⅲ(論理的・数理的思考力)はそれぞれ約4割の得点率でした。平均すればちょうど5割という結果です。前年のように適性検査Ⅲが難しくて平均点が低ければ、ボーダーラインすれすれだったかもしれません。

しかし、後日聞いたところでは、合格した同級生の男子は適性検査Ⅲの得点率が9割で、同じクラスには満点の子もいたといいますから、繰り上げ合格の候補になるにもほど遠い結果だったとわかりました。前年の反動なのか、適性検査Ⅲが想定外に易化したことが、娘には不利にはたらいてしまったようです。

続きを見る

新着記事