子育て世代のお金ナビ

子供の保険、本当に必要なのはどれ? 損害賠償や死亡保障、自転車保険の考え方

2019.10.10

author
小山 信康
Main Image

子育て世代のお金の悩みに、子育て世代のファイナンシャルプランナーがお答えするコラムです。

Q. 自転車保険が義務化 子どもも保険に加入すべき?

《相談例》
小学4年の娘がいて、年明け早々に2人目が生まれる予定です。これを機に家族の保険を見直そうと考えています。具体的には、現在加入中の生命保険(死亡保障2000万円)の増額、または病気やけがに備えた医療保険も検討すべきかと考えています。また、子どもも保険に加入した方がいいのでしょうか。わが家の場合、どんな基準で保険を選んだらいいでしょう?

《相談者はこんな人》
埼玉県在住、男性会社員38歳。家族は会社員37歳の妻(1年間の育児休業を取得予定。その後は時短勤務になる見込み)、小学4年の長女(10歳)。社宅住まいで自家用車を保有。 
収入=年収450万円(夫)+年収350万円(妻)
支出=年間400万円くらい? 
貯蓄/運用=普通預金200万円、定期預金500万円、投資信託50万円(毎月2万円積み立て)、教育費定期積み立て160万円
保険料の内訳
(夫)定期保険(死亡2000万円、保険期間40歳まで)=保険料2500円/月
がん保険(診断一時金100万円、入院給付など、終身)=保険料3000円/月
(妻)共済(病気死亡400万円、病気入院日額4500円)=保険料2000円/月
医療保険(入院日額5000円、手術10万円)=保険料1800円/月

A. 子どもの医療は公的制度が充実 損害賠償は特約をチェック

子どもに対する保障はどう考えたらよいでしょうか?

続きを見る

新着記事