自信を磨く冬休み

(大学受験編)冬休みは「課題発見→復習」で直前対策! 合格を引き寄せよう

2019.12.25

author
河合塾
Main Image

受験生にとって冬休みは「総仕上げ」の時期です。苦手分野とミスの対策をすれば自信がつき、合格がぐっと近づきます。専門家に【学習面】【メンタル面】【生活面】について、それぞれポイント解説してもらいました。

<大学受験編>の今回は、河合塾新宿校舎長の千葉茂登子さん。1ページ目は受験生向け、2ページ目は保護者向けのアドバイスです。

 1面の年表(簡略版/大学).

大学受験生へのアドバイス

  • 同じ時間割でセンター試験の本番シミュレーションしてみよう。
  • センターが終わればすぐに私大一般入試。発展問題もしっかり先取りしよう。
  • 過去問演習をやりっ放しにしない。課題を見つけて問題集で復習する「サイクル」を作ろう。

【学習面】

冬休みは落ち着いて学習に取り組む最後のチャンスです。センター試験対策は一度、本番と全く同じ「時間割」で最後の調整をしてみると、感覚をつかめると思います。塾や学校の授業がない12月31日と元日の2日間を使ってみてはいかがでしょう。

過去問を解くことは、出題傾向や時間配分を体感できるメリットもありますが、やりっ放しはNG。「過去問をたくさんこなすこと」が受験対策だと考えている方もいますが、大切なのは、合格点に届くために自分はどこが足りないのか分析して課題を見つけ、教科書や問題集に戻って苦手分野やミスをつぶす対策をとることです。それから違う年度の過去問を解いてみて、差が縮まっているか、新たな課題がないかを確認する。そのサイクル()で取り組んでみてください。

 河合塾 直前期学習サイクルの図

センター試験直後から私大の一般入試が始まります。国公立の2次試験までは1カ月程度しかありません。センター試験直後から本格的に取り組めるよう、入試スケジュールから逆算して、学習計画を立てておくことが大事です。

【メンタル・生活面】

大学入試改革の影響で、前年度に引き続き受験生は「安全志向」「現役志向」が強い印象です。河合塾の模試のデータでは、難関校が志願者数を減らしています。さらに、既卒生が少ない今年度は現役生にとってはチャンスといえます。現役生はまだ「伸びしろ」があるので、強気で目標の大学に挑戦してください。

スマートフォンの待ち受け画面を、志望校や初詣のおみくじの写真をにしたり、仲間の寄せ書き入りの参考書を試験会場に持っていったりする方もいます。そうした「お守り」も気持ちを落ち着かせるのに役立ちます。

冬休みは夜型の生活になりがちです。でも、入試本番は朝から始まります。本番にあわせて力が発揮できるように生活リズムを整えましょう。3食しっかり食べて体調管理をしてください。

先輩からの受験生向けアドバイス

河合塾イメージP(11月配信)

日頃、受験生の相談に乗っている河合塾の現役チューターの大学生2人(私立文系コースAさん、国立理系コースBさん)に、自分の体験を振り返ってのアドバイスを聞きました。

<Q1>受験直前の冬休みはどう過ごす?

Aさん

Aさん

志望校の過去問研究に時間を割いていました。演習だけでなく、英語の単語や熟語、日本史など暗記が必要な「インプット」とのバランスが重要です。

Bさん

Bさん

発展問題にも触れることです。センター試験や基礎問題の演習ばかりでは、力を伸ばすことができません。記述力をつけましょう

 <Q2>今年の受験生へのアドバイスは?

Aさん

Aさん

来年度からセンター試験が大学入学共通テストにかわります。今年度はより現役志向が高まると思われます。「安全校」をきちんと受けておくことも大事です。3教科バランスよく点を取って、苦手単元・科目をつくらないことが大切です。

Bさん

Bさん

間違いを放置せず、必ず復習して覚えきることです。時間には限りがありますので、出あった問題の一つひとつから知識を最大限吸収し、自分のものにしてほしいです。

 <Q3>受験生からはどんな相談を多く受けますか?

Aさん

Aさん

「過去問は何年分解けば大丈夫ですか?」と聞かれます。自分が当日どのような時間配分と順序で解くのか、学部・学科ごとの傾向はどうかの研究材料になります。数にこだわるのではなく、丁寧に分析して、納得いくまで解くのがベストです。

Bさん

Bさん

「各科目の勉強時間の配分はどうするか?」と聞かれます。まずは模試の結果などから自分の弱点を分析しましょう。その弱点分野を多めに勉強します。

 <Q4>保護者の心構えは? 感謝していることはありますか?

Aさん

Aさん

あくまで子どもの受験なので、本人の気持ち・意向をくみ取ってあげることが大切です。直前期は不安とプレッシャーでストレスがたまりやすいので、優しく見守ってあげてください。

Bさん

Bさん

自分の意向を聞いてくれたことに感謝しています。親からはいろいろな提案をしてもらいましたが、最終的な決断は私にゆだねてくれました。押しつけられることはなく、ストレスになることはありませんでした。

新着記事