中学入試本番 座談会「我が家はこうして乗り切った!」

中学入試の合格保護者が語る!必携の持ち物、希望の学校に入れなかった時にかけた言葉は?

2020.01.16

author
加賀 直樹
author
葉山 梢
Main Image

中学入試の心構えや当日に向けたヒントを、昨年経験した現中1生の保護者が語り合った座談会。今回は当日の服装や持ち物、保護者の過ごし方について聞きました。
※この座談会は、読者ら約100人を招き、朝日小学生新聞の協力で2019年11月23日に都内で実施しました。(コーディネーター/柏木友紀・朝日新聞EduA編集長)

中学入試を経験した現中1生の保護者に聞いてみました

 <当日>
●持ち物で工夫したものは?
●当日朝の子どもの様子は?
●校門で送り出すときにかけた言葉は?
●試験中、保護者はどう過ごしましたか?
●落ちてしまったときにかけた言葉は?

登壇者のプロフィル
(1)子どもの性別(2)進学先(3)実際に受けた学校数

Aさん(母)=(1)男子(2)慶応義塾普通部(3)6校
Bさん(父)=(1)男子(2)城北(3)7校
Cさん(母)=(1)女子(2)豊島岡女子(3)3校
Dさん(母)=(1)女子(2)渋谷教育学園幕張(3)3校
Eさん(母)=(1)男子(2)海城(3)4校

当日の過ごし方

――当日の子どもの服装は?

Dさん 長丁場なので、寒い日対策のためにスカートよりはズボン。座ったときにおなかが締め付けられないような、柔らかくて動きやすいものを心がけた。スカートで冷えてしまっては大変。ハイソックスもはかせた。

Cさん 本人の希望でスカートにしたが、やはりとても寒いので、保温肌着を着せた。ブレザーは袖にボタンがあるので試験の邪魔になると思い、カーディガンを着せた。面接のときはブレザーを着せた。

――当日の持ち物は?

Eさん 机や椅子がガタガタしている場合があると本で読んだので、段ボールの切れ端を何枚か重ね、マスキングテープでまとめたものを作って持参させた。これで高さを調節できる。実際に1回だけ使ったことがあったと聞いている。お守り代わりで安心できる。ネット出願の場合、自分で受験票を印刷し持参するが、くしゃくしゃにならないように厚紙で作った。机に受験票を貼れるようにマスキングテープも持たせた。男子は、暑くても脱がない傾向がある。衣服の袋を用意して、会場に着いたら脱ぐように言った。袋があることで思い出すかな、と。

続きを見る

新着記事