中学入試本番 座談会「我が家はこうして乗り切った!」

中学入試の合格保護者が語る!毎日がバトル、叱らずに過ごすには?

2020.01.17

author
加賀 直樹
author
葉山 梢
Main Image

中学入試の心構えや当日に向けたヒントを、昨年経験した現中1生の保護者が語り合った座談会。登壇者の皆さんと中学受験カウンセラーの安浪京子さんに、これから受験する親子に向けたアドバイスをいただきました。
※この座談会は、読者ら約100人を招き、朝日小学生新聞の協力で2019年11月23日に都内で実施しました。(コーディネーター/柏木友紀・朝日新聞EduA編集長)

登壇者のプロフィル
(1)子どもの性別(2)進学先(3)実際に受けた学校数

Aさん(母)=(1)男子(2)慶応義塾普通部(3)6校
Bさん(父)=(1)男子(2)城北(3)7校
Cさん(母)=(1)女子(2)豊島岡女子(3)3校
Dさん(母)=(1)女子(2)渋谷教育学園幕張(3)3校
Eさん(母)=(1)男子(2)海城(3)4校

受験親子へのアドバイス

子どもとの適度な距離感が大事

Dさん 「とにかく親は我慢をすること」と言われていたので、だいぶ我慢をしたつもりだが、なかなか実践できないんですよね。どうしても口を出したくなる。何か言う前に別の部屋に行って、一呼吸置けば言わなくて済む、とも言われたが、別の部屋に行く前にもう言葉が出てしまっている。今だから言えるが、算数は偏差値40からのスタートで、あと1年しかないという遅い時期からのスタートだった。娘が自分の成績の状況をあまり受け止めずにいる姿を見て、何度厳しい言葉を浴びせたか……。「これはいけないな」と。娘も私もイライラして、結果、2人とも疲れてしまうということが何度かあったので、もう物理的に離れることにした。幸い、私の職場が自宅から車で約10分のところにあるので、娘が家にいる休みの日は、朝食を一緒に食べたら私は出かけ、今度は昼食を作りに帰って一緒に食べ、また職場へ。幸いなことに、小3の息子も、スポーツに専念していて、夫と遠征で土日はほぼ試合に出かけてしまう。娘が一人でしっかりと勉強しているのか気にはなったが、そこはあえて何も言わずに娘に任せることにした。結果的に、夕方に帰ると、娘も「あ、ママ、おかえり」と笑顔で迎えてくれて、「ごはん何?」って、スムーズな会話ができる。お互いに優しくいられる状況をなるべくつくるということに徹した。結果、自己管理能力も高くなったので一石二鳥。

プレーヤーは本人。どうしても管理したくなってしまうが、間違っても親がプレーヤーにならないように、ということだけは、もっと早くから気をつけておけばよかったと思っている。

続きを見る

新着記事