中学入試本番 座談会「我が家はこうして乗り切った!」

渋幕・慶応・豊島岡……合格保護者が本音で語る!受験校パターン、健康管理

2020.01.15

author
加賀 直樹
author
葉山 梢
Main Image

我が子の日頃の頑張りを、どう結果に結びつけるのか、保護者にとっても勝負どころです。心構えや当日に向けたヒントを、昨年経験した現中1生の保護者が語り合いました。
※この座談会は、読者ら約100人を招き、朝日小学生新聞の協力で2019年11月23日に都内で実施しました。(コーディネーター/柏木友紀・朝日新聞EduA編集長)

中学入試を経験した現中1生の保護者に聞いてみました

 <入試前日まで>
●練習校を含め、全部で何校受けましたか?
●過去問は何校、何年分を勉強しましたか?
●本命校入試の何日前まで学校に行っていましたか?
●体調管理で気を付けたことは?
●前日の夕食メニューは?

登壇者のプロフィル
(1)子どもの性別(2)進学先(3)実際に受けた学校数

Aさん(母)=(1)男子(2)慶応義塾普通部(3)6校
Bさん(父)=(1)男子(2)城北(3)7校
Cさん(母)=(1)女子(2)豊島岡女子(3)3校
Dさん(母)=(1)女子(2)渋谷教育学園幕張(3)3校
Eさん(母)=(1)男子(2)海城(3)4校

受験校パターンと過去問対策は

――受験校パターンはどのように組み立てましたか。

Aさん 全部で6校受けた。うち2校は「練習校」でリハーサルも含めた受験。3校は第1志望というくくり。「1月校」の渋谷幕張が、一番の要。そこに必勝することで、「2月1日校」はスムーズに運ぶのではという目標を立てた。「2月1日校」の対策をそっちのけで、渋谷幕張の対策を最後まで取り組んだ。おかげで、全校受かった。最初に受けたのは、1月初めにあった北海道と長野の学校の東京会場。埼玉や千葉の「練習校」はあえて受けなかった。インフルエンザ、人混みで疲労がたまるリスクも考慮し、なるべく「1月校」はストレスのない状況で受けることを目標にした。

続きを見る

新着記事