子育て世代のお金ナビ

子や孫への資金援助 一括贈与の非課税は教育資金以外にも 相続税心配しすぎず活用を

2020.02.06

author
小山 信康
Main Image

子育て世代のお金の悩みに、子育て世代のファイナンシャルプランナーがお答えするコラムです。

Q. 将来の相続税支払いが心配 わが子の教育資金を守るには?

《相談例》

私立高校2年の長男が、「1年間、語学留学したい。さらにできれば、海外の大学に進学したい」と言い出しました。かなえてやりたいのはやまやまですが、私立なので高校の学費捻出も大変です。 この先、長男に準備できるのは300万円が限度。長女(中2)の高校進学も重なり、海外留学・進学の費用には到底足りません。
そう悩んでいたところ、知人が「祖父母から孫へ、教育資金を非課税で贈与できる仕組みがある」と教えてくれました。 実家はある程度の資産家なので、非課税であれば相談してみようかと思っていますが、具体的にはどのような制度なのでしょうか? また、利用する際の注意点やメリット・デメリットなどはありますか?

《相談者はこんな人》

兵庫県在住、会社員50歳。家族は専業主婦の妻(45歳)、私立高校2年の長男(17歳)と公立中学2年の長女(14歳)。持ち家。
収入=年収約800万円、 支出=年間約600万円。
貯蓄/運用=教育資金(長男:学資保険300万円、長女:定期預金150万円)
相談者の父親は80歳、母親は75歳。自営業、持ち家。実家には、妹(40歳)が小学3年の長男と共に同居している。

A. 実際に相続税がかかるのは1割以下。先回りせず専門家に相談を

教育資金の一括贈与の非課税制度は、期限が延長されたそうですね。利用するかどうか、じっくりと検討して判断してもよろしいでしょうか?

続きを見る

新着記事