予備校リレーコラム

大学入試直前期! 駿台からの三つのアドバイス

2020.01.31

author
駿台予備学校
Main Image

いよいよ入試直前となりました。限られた時間をいかに過ごすかで入試結果が変わってきます。受験生は直前期でも集中力次第でどんどん学力を向上させることができます。駿台のスローガンでもある「第一志望は、ゆずれない。」という気持ちで、強気で入試本番に臨んでください。 以下に、駿台予備学校で生徒・保護者の皆様にお伝えしている「直前期のアドバイス」を3点ほどご紹介します。今後に向けて参考にしてください。

  • ポイント1 「朝型の生活リズム」を最後まで維持しよう
  • ポイント2 直前期の学習はやり遂げられる計画重視
  • ポイント3 受験日当日、過度な緊張をしないために入念な準備を

生活習慣は最後まで変えないこと!

まず、生活面では「朝型の生活リズム」を最後の入試が終わるまで維持してください。本格的に入試が始まると、私立大の試験日が続くなど、生活リズムが崩れがちです。また、終盤に入ったのだから、ラストスパートに深夜遅くまで勉強しよう、と考える生徒が必ず出てきますが、これは逆効果です。入試の前日、緊張で眠れなくても必ず決まった時間に布団に入ること。そして起床時刻も今までと同じ時刻を守ってください。

朝と言えば、この時期、毎朝起きたら入試の本番をイメージしてみた、という生徒がいました。本番の緊張感に慣れる訓練になったそうです。

学習環境も大切です。自分の勉強部屋、高校や塾・予備校の自習室など、自分が最も使い勝手の良い、集中できる場所にこだわりましょう。

学習面は無理をしないで一歩一歩

この時期の計画は、「完璧な計画よりもこなせる計画」にしましょう。時間は限られています。欲張らずに、できることをひとつひとつこなしていくことを心掛けましょう。また、最後の詰めとして「本番演習」に出来るだけ多く取り組み、自信につなげていきましょう。

もし、まだ試験会場の下見をしていない、という場合は、自宅から近い会場ならば気分転換も含め、見に行くことも良いでしょう。志望校を目にすることで意欲が湧き、試験会場を見ておくことで当日の安心感につながります。下見の際は下記の項目に注意しましょう。

[下見のチェックポイント] 

□(可能ならば)本番と同じ曜日・同じ時間帯の交通機関で所要時間を確認しよう

□複雑な駅構内や、駅出口(改札)、バス停の場所など交通機関の乗り換え時の動線を確認しよう

□最寄りの駅やバス停から試験会場への道順を確認しよう

また、自宅から離れたホテル等に宿泊する必要がある人もいるでしょう。その場合は下記の項目をもう一度確認してみましょう。

[宿泊のチェックポイント]

□ホテルの予約は大丈夫?

□各種交通機関のチケットの手配はできている?

□試験会場へ持っていくものはそろっている?

最近はホテルも交通機関もネット予約がほとんどだと思います。予約確認ページで日時や利用期間を確認して、プリンターで印刷して持参すると安心です。

入試当日の注意点

前日は眠る前に持ち物をチェックしましょう。受験票・筆記用具・時計・スマートフォン・交通系ICカードなどの必需品はもちろん、タクシー代など、非常時に備えて多めの現金を準備しておきましょう。さらに、ICカードのチャージも事前に必ずチェックしましょう。

なお、もしも受験票を忘れてしまい、引き返す時間がなければ、そのまま試験会場に向かいましょう。試験事務室へ申し出て、指示に従うことになりますので、念のため受験票は表裏ともスマートフォンで撮影して、画像データを保護者の方と共有しておくといいでしょう。

また、交通機関の遅延等で試験開始時刻に遅れそうなときには、当日の緊急連絡先が受験票等に示されていますから、電話連絡を入れるようにしてください。

試験当日は朝食と昼食は必ずとって、脳にエネルギーを。ただし、昔からよく言われる「腹八分目」に抑えること。服装は着脱しやすいものにして、会場が寒い場合に備えてセーター等を1着、持って行った方が良いでしょう。ただし、無地のものにしてください。文字などがプリントされている衣類は不正行為防止のため、脱ぐように指示されます。

試験会場には出来るだけ早めに到着しておくと心にゆとりもできます。少し会場内を歩けば体も頭もすっきりします。その際は、特別な注意事項や変更点がないか、会場内の掲示を確認しましょう。また、トイレの場所の確認も非常に重要です。混雑に備え、受験教室以外のフロアもチェックしましょう。

さあ、いよいよ試験が始まります。試験前にゆっくり深呼吸をし、自分の力を発揮することに神経を集中しましょう。ここまでやれば、結果は後からついてきます。あとは「受験を楽しむこと」。全力を出し切ることで、爽快感と達成感を得られれば、これからの人生の励みとなります。

(駿台予備学校池袋校 磯山健太 校舎長)



  • 先輩たちに聞きました 駿台池袋校の良いところトップ3

    ① 講師の授業を緊張感のある環境で受講して、即質問できる
    ② 進路アドバイザー・クラスリーダーに、いつでも進路相談・学習相談ができる
    ③ 熱心に学習している生徒に囲まれての勉強は、自分を鼓舞し、能率が上がる

新着記事