エデュアお悩み相談室

高1娘の成績低下、口を出すと親子げんかに 佐藤ママ「食事時に気楽に話し合って」

2020.01.31

author
佐藤 亮子
Main Image
  • 子どもが部屋にこもっていても、勉強しているとは限らない。
  • 勉強時間の確保を。塾に通うのもあり。
  • 親子で気軽に話し合う。

《質問者》
私立高校1年の娘がいます。少し背伸びをして第一志望の学校に合格し、部活動も始めて充実した生活を送っています。ただ、自宅でも勉強をしているのに成績は下がる一方で、親としては何かと気がかりで口を出してしまいます。本人はそれをひどく嫌うようになり、けんかが絶えません。学校からは「自分の勉強法を確立することが大事」と言われます。このまま本人に任せておいていいのでしょうか。 (千葉県 高1女子の父)

今号の回答者は「佐藤ママ」

《回答》 食事時に何となく切り出して

「自宅で勉強しているのに成績は下がる一方」というのは、親がよく言う言葉です。子どもが自分の部屋にこもっているからといって、真剣に勉強しているとは限りません。部屋にいて机の前に座っているけどあまり勉強していない、高1になって周りが本格的に勉強を始めたため相対的に成績が下がってきた、高校は中学と比べて教科の内容がはるかに難しいので理解できなくなっている、などの原因が考えられます。

例えば、中学で英語が得意だと思っていた子が、高校生になった途端に点数が取れなくなるということはよくあります。高校はやはり内容が多くて難しいので、予習と復習に時間をかけなければついていけなくなるのです。娘さんは、高1の内容の理解が不十分なのかもしれません。本人も自覚して何とかしたいと毎日を過ごしているので、親が口を出したらけんかになるのではないでしょうか。このような場合の言葉のかけ方は難しく、親の気持ちを伝えるだけでは、子どもの感情を逆なでしてしまいます。

また、学校からの「勉強法を確立する」というアドバイスですが、大学受験までは2年しかありません。高1の内容もかなりやり直さなければならないとすれば、勉強法の確立から始めていては間に合わなくなってしまいます。

このまま本人に任せていても解決するのは難しいでしょう。まずは勉強時間を増やすことです。自分一人で勉強するだけでは効率が悪いので、塾に通うのもありでしょう。その場合も塾にお任せではなく、自分の理解を助けるために利用するという気持ちで通い、塾のカリキュラムに振り回されないことが大切です。最終的には、実力は自学でしか伸びないのです。勉強の時間が確保できなければ、部活動の見直しも考えてみてください。

とにかく、まずは「大学に合格したいんだよね」と娘さんの意思を確認して、親子で気楽に話し合うことです。娘さんを責めない、成績のことは言わないと覚悟して、ご飯を食べている時に何となく切り出してみてはいかがでしょうか。

お悩み募集

※教育や育児、受験のお悩みに、「佐藤ママ」こと佐藤亮子さんらさんや教育アドバイザーの清水章弘さんらエデュアや朝日新聞で連載を持つ筆者が交代でお答えします。みなさんのお悩みを募集しています。子どもの年齢や学年、お住まいの都道府県名のほか、相談内容をできるだけ具体的に書き、メールでエデュア編集部にお送りください。掲載は匿名です。すべての相談に応じることはできません。ご了承ください。

メールはこちらか

新着記事