子育て世代のお金ナビ

子どものアルバイト、稼ぎすぎに注意 年収103万円超すと…家族の税負担に影響

2020.03.19

author
坂本 綾子
Main Image

子育て世代のお金の悩みに、子育て世代のファイナンシャルプランナーがお答えするコラムです。

子のアルバイト年収103万円超え…扶養から外れて親の税金が増える

高校生や大学生の子どもがアルバイトに精を出し、自分の小遣い分のお金を稼いでくれるのは家計にとって助かります。ただし、税金面では注意が必要です。アルバイトも収入に変わりありません。決まった額を超えると親の扶養控除の対象から外れることで親の税金が増え、子ども自身にも納税や社会保険加入の義務が生じ、家計全体では手取り収入が減ってしまうケースがあります。

まずは親の税金から見ていきましょう。年末調整の「給与所得者の扶養控除等申告書」に、控除対象の扶養親族として子どもを記載しているはずです。これにより16歳以上18歳以下(一般の控除対象扶養親族)は1人あたり38万円、19歳以上23歳未満(特定扶養親族)は1人あたり63万円の控除を受けられます。学生を扶養する親の負担に配慮して、税金が軽減されるのです。

続きを見る

新着記事