2020年度中学入試 合格者アンケート

開成中学で合格親子32組に聞いた! 成功する子の勉強法は? 通っていた塾は? 習い事は?

2020.02.26

author
庄村 敦子
Main Image

東大合格者数が38年連続日本一の開成で2月3日、中学入試の合格発表が行われた。過去5年間で一番多い1266人が志願し、397人が合格。倍率は3倍だった。310点満点中、合格者平均点は211.3点。最高峰を制した合格者はいったいどんな勉強をしてきたのか、幼いころからどんな学び方をしたのか。
EduA編集部では、合格親子32組にアンケートを実施した。塾や家での勉強法、習い事などに答えてもらい、同校の柳沢幸雄校長とともに、結果を読み解いた。

東京都荒川区、JR西日暮里駅にほど近い開成中学。発表時刻の午後1時が近づくと、中庭の掲示板前は、合否の瞬間を待つ親子や塾関係者らで黒山の人だかりとなり、身動きできないほどだった。予定時刻の少し前に番号が張り出されるや否や、「あった!」「受かった!」「やった!」などの声が飛び交い、抱き合う親子たち。そして入学手続きの書類を受け取る列に並ぶ。書類を手に、塾関係者の祝辞を受けながら体験談などのインタビューや写真撮影のため、多くはグラウンドへと移動していった。

一方で、不合格だった受験生はうなだれ、保護者に肩を抱かれながら門を出ていく……。

掲示板から少し離れた場所で、柳沢幸雄校長はこの様子を優しいまなざしで見守っていた。2011年に校長に就任して以来、毎年こうして発表の場にたたずんでいるという。

「受かった子どもたちには『これからきちんと教育していこう』と思いますし、残念ながら不合格だった子どもたちには『この壁を乗り越えてほしい』と願います」

毎年こう感じるとともに、「無事、入試が終わった」という安堵感もあるそうだ。 

この合格発表の興奮冷めやらぬ中、EduA編集部では、合格に笑顔を見せる受験生と、感激で涙ぐむ保護者32組にアンケートを実施した。

目指した理由は「日本一だから」

まず、「開成を志望した理由」(複数回答)を尋ねたところ、最も多かったのは、「東大の合格者数が日本一だから」「トップ校だから」という理由。8人がこう答えた。このうち5人は、今後の志望大学を「東大」と答えている。似た理由として、「レベルの高い友達が集まる学校に行きたかった」が2人、「世界でも名が知られているから」「合格したらメチャメチャかっこいいから」が各1人。

開成高校は東大合格者数が38年連続日本一。2019年の東大の合格者数は186人。中学の定員300人に高校からの入学組100人が加わり卒業生数が約400人と多いこともあるが、2位の筑波大附属駒場の120人(卒業生約160人)、3位の麻布の100人(同約300人)を引き離している。

続きを見る

新着記事