2020年度中学入試 合格者アンケート

開成中学合格者、将来の夢は○○ 親子32組に聞いた子育て法 意外と放任主義?

2020.03.02

author
庄村 敦子
Main Image

開成中学に今年は397人が合格した。38年連続で東大合格者数日本一の開成高校。中学から高校まで計6年間を、ここで彼らは今後どのように過ごすのか。将来は何を目指すのだろうか。EduA編集部では32人の合格親子にアンケートを実施、これからやりたいこと、志望大学から将来の夢まで尋ねてみた。自身も開成OBの柳沢幸雄校長とともに、結果を読み解いた。

夢中になっていること、トップは読書とサッカー

いま、合格者が夢中になっていること、好きなことを聞いてみた。トップは「読書」と「サッカー」で、各7人。次いで「ゲーム」の5人。ここで回答した「好きなこと」が、そのまま次の質問の「中学入学後にやりたいこと」につながっているケースも多い。

「勉強」と答えた2人は、中学入学後にやりたいことも「勉強」。1人は東大理三志望で、将来の夢は医師という。もう1人も東大志望で、将来の夢は宇宙飛行士。2人とも中1から塾に通う予定だと答えた。

また、夢中になっていることに「算数(数学)」と答えた3人のうち2人が、「数学研究部に入り、数学オリンピックへ出たい」と考えており、将来の夢は数学者だという。

熱中していること・好きなこと  人数

読書               7
サッカー             7
ゲーム              5
算数(数学)・図形の問題作成   3
鉄道               2
勉強               2
野球               2
工作               1
ロボット             1
トランプ             1
クイズ              1
メダカの観察           1
バドミントン           1
ラグビー             1
植物               1
LaQ(パズル)          1
将棋               1
スキー              1
飛行機              1
歴史               1

※複数回答

「中学入学後にやりたいこと」を尋ねると、約半数の17人が「部活動・クラブ活動」と答えた。具体的に名前があがったのは野球部、テニス部、バレーボール部、生物部、クイズ研究部、鉄道研究部、折り紙研究部、将棋部。

続きを見る

新着記事