2020年度中学入試 合格者アンケート

開成合格親子はここが違う! 天才たちの学習法 「塾に行かず自宅学習」「親はノータッチ」

2020.03.24

author
庄村 敦子
Main Image

今年も東大合格者数ランキング1位の高校は開成だった。39年連続トップという「日本一」の同校は、成績優秀な中学受験生の憧れだ。開成中学には今年、過去5年間で一番多い1266人が志願し、397人が合格した。倍率は3倍だった。最高峰を制した合格者はいったいどんな勉強をしてきたのか。EduA編集部で合格親子にアンケートを実施したところ、「天才」の横顔が見えてきた。塾に通わず自宅学習で合格を手にした親子、あるいは遠路を新幹線で塾に通った親子ら、それぞれの勉強法を紹介する。

都市部を中心に近年は中学受験熱が高まりを見せている。森上教育研究所は、今年2月1日午前に首都圏の私立中学を受験した人数は、過去10年で最も多かった前年より約1550人増え、約4万1300人と試算している。その大部分は、中学受験の進学塾に通っているだろう。今回、EduAのアンケートの回答者32人のうち、31人は塾に通っていた。

アンケート前編 「開成中学で合格親子32組に聞いた! 成功する子の勉強法は? 通っていた塾は? 習い事は?」はこちら

アンケート後編 「開成中学合格者、将来の夢は○○ 親子32組に聞いた子育て法 意外と放任主義?」はこちら

自宅学習のみで合格 勉強時間は一日2時間

その中で、ただ1人、塾通いをせずに、通信教育だけで合格を勝ち取ったのが、鹿児島県の種子島に住む海津花人(かいづはなと)さんだ。東京生まれだが、父親の心平さんの仕事の関係で、3歳から種子島で過ごした。低学年のころは毎日のように、海や川、プール、スケボー、星空観察、昆虫採集などで、よく一緒に遊んだという。

「息子が中学に入学する年には、東京に帰れるだろうと思っていたため、中学受験させることにしました。万が一、タイミングが合わなかったら、東京に私の両親がいますから、私の実家から通わせるつもりでした」と心平さんは話す。

母親の和花さんに、花人さんの幼いころからの学びについて聞いてみた。「2歳半から小6の12月までピアノを習っていました。3歳から市販の算数ドリルも始め、毎日、ピアノの練習とドリルをしていました。最初はどちらも10分、次第に20分、30分とやる時間を延ばしていきました。幼稚園児のころから、スーパーのレジでおつりの計算をする、算数好きの子どもでしたね」

小2からは近所の公文式教室に通い始め、1年間で小6までの算数の課程を終了。小3の2月から小6の8月までは大手進学塾・四谷大塚のテキストで勉強し、テストを受けた。その後、浜学園のテキストで総仕上げを行ったという。

毎日の勉強時間を聞いたところ、四谷大塚のテキストを中心とした勉強を約2時間していた、という。意外に短い! さすが天才、ダラダラとやらずに、集中して取り組む濃密な勉強時間だったのだろう。一日のうち、残りの時間はピアノの練習に1時間をあてた。コンクールの前には日に2時間練習し、南日本ジュニアコンクール本選に出場したほか、種子島コンクールでは優勝した腕前の持ち主だ。加えてスポーツにも取り組み、小3から小6まではフットサルに打ち込んだというから、才能も時間の使い方もずば抜けているのがわかる。

続きを見る

新着記事