発達凸凹の子の中学受験

灘を辞退して、公立中高一貫校に決めた我が家の理由 お金だけではない背景

2020.03.31

author
なないお
Main Image

発達障害がある子や「グレーゾーン」と言われる子の中には、中学受験を目指す子もいます。今年1月、自閉症スペクトラムの息子が兵庫県の名門・灘中学校に合格したものの、結果として地元の公立中高一貫校への進学を決めたブロガーのなないおさんが、我が子の中学受験を振り返ります。

「灘合格したーーーーー!!!嬉しいーーーーー!!!」。SNSでうっかり息子の中学受験の結果をつぶやいて思わぬ注目を集めてしまったことから始まり、こちらに連載をさせていただくことになりました。

灘中学に合格するお子さんはたくさんいらっしゃいますが、プチ炎上になってしまったのは、「合格したー!」に続けて、「数学が好きな子で、行かせてやりたかったけども行かせてやれない、情けない」、と私がつぶやいてしまったからでした。「行かせられないのになんで受験したの」って疑問に思う方は、そりゃ多くいらっしゃると思います。そしてありがたいことに「お金の面で通えないのであれば、支援する」とお申し出くださった方々もいらっしゃいました。大変心苦しいですが、灘中学に通えない理由はお金の面だけではなかったので、事情を説明し辞退させていただきました。

私は新中学3年生の娘と、新中学1年生の息子を育てるシングルマザーです。子供たちは2人とも発達障害と呼ばれる特徴を持っています。息子は6年間ずっと小学校の特別支援学級に在籍していました。

発達障害を持つお子さんの中学受験を考えていらっしゃる方も多く、体験談の一つとして書かせていただければと思っております。発達障害を持っているから中学受験をしたほうがいいという話ではありません。あくまでも我が家の選択の話です。

続きを見る

新着記事