発達凸凹の子の中学受験

発達障害の息子 ジュニア算数五輪で金メダル 「好きなこと」を伸ばす子育て法

2020.04.03

author
なないお
Main Image

ブロガーのなないおさんの息子は自閉症スペクトラム。兵庫県の名門・灘中学校に合格したものの、経済的事情や通学時間の負担などから地元の公立中高一貫校への進学を決めました。幼少期から算数が大好きで、算数オリンピックに挑戦を続けています。

「発達障害」。この言葉は最近、多くの方に知られるようになりました。特別支援学級に在籍するお子さんだけでなく、普通学級でも小学生では7.7%が発達障害の可能性があるという調査結果が出ています(2012年の文部科学省調査)。実はとても身近な存在なのです。

私の子供たちも発達障害があります。娘は自閉症スペクトラムとADHD、息子は自閉症スペクトラムです。知的障害は伴わないタイプです。

どんな障害なのかの説明はここでは省略させていただきますが、同じ診断名を持っていてもタイプは様々で困っていることもそれぞれ違います。

息子に診断がついたのは2歳の頃。当初は疑いだったらしいのですが、いつの間にか確定診断になっていました。発語が少し遅く人にあまり関心を示さない、毎日1時間ほどかんしゃくで泣き叫ぶ以外は、おとなしく全く手のかからない子でした。

2歳になる前、言葉もほとんどなかった頃からひらがな、カタカナ、数字を認識しており、当時はこの子は天才なんじゃなかろうかと思っていたものでした。後にハイパーレクシア(過読症)と呼ばれる発達障害児に時折みられるものと知りました。 

そんな息子がこだわっていたものがありました。算数です。 

幼稚園の娘に先取りで計算を教えていたのですが、一緒に聞いていた弟の方が吸い込むように覚えていき、3歳で四則演算や分数、小数、平方根あたりまで理解するようになりました。

この子は算数・数学に特段の関心がある、これをなんとか伸ばしていけないか。そう考えていろいろと教材を与えていきました。手先が不器用で、読めてもまだ字を書けなかったのでアプリや算数ゲームがほとんどです。

幼稚園に入り、就学を見据えて何かこの子が算数に関して学齢より先に理解していることを証明できるものがあった方が良いだろうということで、算数検定を受けることにしました。

最初はテストというもの自体が初めてで、うまくいかなかったこともありましたが、年長の時には5級(中学1年程度)まで取得できたと記憶しています。 

その頃に算数オリンピックという大会があることを知り、息子に表彰式の動画を見せました。 

「算数オリンピックで金メダル欲しい」

ものを欲しがることも、夢を語ることも一切なかった息子が初めて持った目標でした。

息子が何かの目標を持ってくれればいいなという程度で勧めただけですが、まさか後に現実になるとはその時にはさらさら思っていませんでした。

続きを見る

新着記事