2020年度 新学期特集

N高卒初の東大生に聞く 転校した理由と、合格の秘訣

2020.04.15

author
柿崎明子
Main Image

「ネットの高校」として注目されているN高校。設立から日は浅いが、ほかの学校では体験できない豊富なコンテンツが人気を呼び、個性的で才能のある生徒が集まるようになった。今年の大学入試で、N高から初めて東大に合格者を出した。東大に入学したばかりの男子学生に話を聞いた。 (写真は、キャンパスで話す通学コースの生徒たち。通学コースで必携のMacbookを持って話している=N高提供)

話を伺った人

Xさん

東京大理科Ⅰ類1年

東京都在住。中学受験を経て私立中高一貫の難関男子校に進学したが、1年次に公立中に転校。高校は公立の通信制高校に進んだが、高校1年次の2016年12月、N高に転校し1期生に。1浪の後、20年に東京大に合格した。

――私立中高一貫校から公立中学、通信制高校を経て、N高に転校しています。その経緯を教えてください。

入った中学校は好きだったのですが、親の期待が大きく、徐々に休みがちになってしまいました。高校進学時に、全日制高校の受験には間に合わず、通信制高校に進学しました。入学したものの物足りなさを感じていた時にN高のことを知り、コンテンツが豊富でいろいろなことができそうだと感じて転校しました。

――ネットコースに進学しましたね。普段の勉強はどのように進めていたのですか。

まずパソコンで授業の動画を見て確認テストを受け、毎月レポートを提出します。このルーティンワークで高卒の資格を取ります。これらはネットで完結しますが、年に5日はキャンパスに通って対面の授業を受けなければなりません。僕は近くの代々木校とお茶の水校に通いました。普段の授業は自分のペースで進められるので、けっこう余裕が生まれ、空いた時間で好きなことをしていました。

余暇はピアノに映画、株取引も

――たとえばどんなことを?

ピアノを弾いたり、映画が好きだったので映画館にもよく足を運んだりしました。株に興味があって、株の取引もしていました。

――株ですか。N高に入学したきっかけは豊富なコンテンツとのことですが、何に参加しましたか。

思い出に残っているのは、高校3年の夏に参加した米国スタンフォード大学での国際教育プログラムです。慶應義塾湘南藤沢、灘、早稲田実業の高校生たちと一緒に、2週間さまざまな授業を受けました。その時に知り合ったメンバーとは、今でも連絡を取り合っています。

N高の文化祭も迫力があって楽しいですよ。幕張メッセで行われるニコニコ超会議にN高も参加します。来場者は16万人に及びます。僕はフードブースを手伝いました。いろんな企画を考えるプロジェクトに参加し、音楽が好きだったので、作曲家を訪ねたりレコード会社を見学したりするアイデアを出しました。

2020年度 新学期特集
文化祭のフードブースの様子。Xさんも手伝ったことがある=N高提供

ネットだから、好きなことをしながら東大に合格できた

――受験に向けて、どのように勉強したんですか。

ネットコースには大学受験のための特進専攻があったので、2年次からそちらに参加しました。サポート役の先生がいて、勉強のスケジュールや参考書、問題集選びなどをアドバイスしてくれます。また、アドバンストプログラムの中に大学受験対策授業があり、予備校講師の授業が配信されます。ベーシック、スタンダード、ハイレベルの3ステップがあり、理科は苦手だったのでベーシックを、英語は得意だったので、たまにハイレベルを受講しました。映像授業ですが一方通行ではなく、こちらからチャットで質問することもできます。

高校3年からは週に2回、個別指導の塾にも通いました。

――東大を意識したのはいつ頃ですか。

2年次に特進専攻で勉強し、東大と自分との距離感がつかめてきました。そこで、どうせ大学に行くなら目標を高く設定しようと思ったんです。自分の長所でも欠点でもあるんですが、合格できるという根拠のない自信がありました。難関高校に通わなければ東大に合格できないという思い込みもありませんでした。

――改めてN高はどんな存在ですか。

実は大学受験の勉強も、それほどガツガツとはしていないんです。自分の好きなことをしながら勉強できたのは、やはり時間がたっぷりあったからだと思います。N高にいろいろなサポートがあったことも合格につながりました。

僕はもともと積極的なタイプではないのですが、こちらからアクションを起こさないと何も起こらないのがN高で、いろいろなプログラムに参加し、主体性が身につきました。

――今後の抱負を聞かせてください。

まだ具体的な目標は決まっていません。東大を選んだ理由のひとつが、3年次からの学部を決める前に2年間の教養課程があったからなんです。この2年間で自分の将来について、ゆっくりと考えたいと思っています。

N高校

学校法人角川ドワンゴ学園が2016年4月に設立した通信制高校。17年に通学コースを設けた。全国から入学できるネットコースと、19地点のキャンパスに通う通学コースがある。本校は沖縄県うるま市の伊計島にある。

新着記事