学習と健康・成長

「自ら学ぶ力」、どうすれば育てられる? 自己調整学習の専門家に聞く

2020.05.06

author
野阪 拓海
Main Image

新学習指導要領で、育成すべき資質・能力の1つに挙げられている「学びに向かう力、人間性等」。変化の激しいこれからの時代では、生涯に渡って自律的に学ぶ力がますます重要になります。そんな「自ら学ぶ力」を解明する研究分野が「自己調整学習」です。今回は自己調整学習の専門家に、子どもの「自ら学ぶ力」の育て方を聞きました。

話を伺った人

伊藤崇達さん

九州大学大学院准教授

(いとう・たかみち) 九州大学大学院人間環境学研究院准教授。名古屋大学大学院教育学研究科教育心理学専攻博士課程後期課程退学後、神戸常盤短期大学専任講師、愛知教育大学准教授、京都教育大学教育学部准教授を経て、現職。編著書に「やる気を育む心理学」(北樹出版)、分担執筆に「学ぶ意欲を育てる人間関係づくり」(金子書房)、「発達・学習の心理学」(学文社)、「自ら学び考える子どもを育てる教育の方法と技術」(北大路書房)などがある。

「自ら学ぶ力」を構成する3つの要素

――そもそも自己調整学習とは、どのような概念なのでしょうか?

定義づけには歴史的な変遷はありますが、整理すると「動機づけ・学習方略・メタ認知の3要素において、自らの学習過程に能動的に関与して進められる学習」と表現できます。

「動機づけ」とは、学習を進めるにあたってのエネルギーとなる心の働きを指します。具体的には、「自分はできる」という自己効力感や「算数の成績を上げたい」という意欲などを指します。

次に、「学習方略」とは、効果的な学習をするための方法や工夫のこと。例えば、単にドリルを繰り返したり、丸暗記したりするよりも、絵や図など視覚情報を使ったり、似たような漢字をカテゴリー分けしたりした方が、深い学びを得やすくなります。

最後に、「メタ認知」とは、自分自身を高い視点から見つめ直し、自らの思考や認知を適切にコントロールする働きのこと。「自分は何を理解していて、何が苦手なのか」を、正確に捉え、学ぶべき箇所を明確にする力と言っていいでしょう。

――それぞれの要素は学習において、どのように働くのでしょうか?

自己調整学習では、「予見(見通し)」「遂行コントロール(学び深める)」「自己省察(振り返り)」の3つのステップが循環的に行われます。そして、それぞれのステップに、動機づけ・学習方略・メタ認知が関係します。

学習と健康・成長

学習の初期に当たる「予見」の段階では、目標設定や学習計画の立案を行います。この際、「自分には、この期間でここまで学べる力がある」という自己効力感が求められ、興味が喚起されていること(=動機づけ)が大切となります。

学習の進行中の「遂行コントロール」の段階では、学習を進めつつ、その様子を俯瞰していきます。そして、「自分はこういうところでよく間違えるので、集中的に学ぼう」という意識(=メタ認知)を持つことで、より効率的な学びができるようになるのです。

学習が一区切り付いた「自己省察」の段階では、学習の成果を振り返ります。うまくいったのか、そうでなかったのか、うまくいかなかった原因は何か。それらを分析した結果、現在の学び方(=学習方略)が不適切だったと判断されれば、次の学習の際に、新しい学び方を取り入れていくのです。

つまり、これらのサイクルの質を高めていくことで、より自律的で深い学習ができるようになっていくわけです。

効果的な学習方略を身に付ければ、自ずとモチベーションも上がる

学習と健康・成長

――では、子どもが「自ら学ぶ力」を身につけるために、保護者は動機づけ・学習方略・メタ認知の3要素にアプローチすればいいのでしょうか?

そうですね。とりわけ、保護者が関わりやすい要素は学習方略です。というのも、学習方略はほかの要素に比べて変えやすく、より良い学習方略を取り入れて成果が上がれば、動機づけにもつながるからです。

逆に言えば、動機づけができていても、効果的な学習方略が身に付いていなければ、成果が伴わず、どんどんモチベーションは下がってしまうでしょう。

――学習方略にアプローチする際には、具体的に何をすればいいのでしょうか?

子ども自身の個性や教科の性質に合わせた学習方略を意識してみるといいでしょう。

例えば、漢字を覚える際には、とにかくドリルを書き写す方法が一般的でしょう。しかし、子どもによっては、そうした単純作業は退屈に感じるでしょうし、心理学ではただ反復するだけの学習は、効果が薄いとも考えられています。

その学習方略で成果が出ていないのであれば、「ドリル1ページを何分でできるか」とゲーム性を織り交ぜたり、同じ部首をカテゴリー化して覚えてみたりすると、深い学びになるかもしれません。

算数の場合であれば、公式や解法を丸暗記するのではなく、その公式の意味を考えたり、他の方法でも解けないかを試してみたり。保護者は子どもが適切な学習方略を実施できるよう、押し付けにならない範囲のアドバイスを意識してみてください。

――なるほど。そう考えると、「とにかく問題を多く解こう」「1日10ページやろう」と伝えるだけでは不十分なのかもしれないですね。

そうですね。もちろん、そうしたやり方が有効なケースもありますが、定量性にとらわれていると、効果的な学習方略にはつながりにくい。

また、学習方略には、これまでお話したような「教科」レベルのものだけでなく、学習全般に当てはまる「習慣」レベルのものもあります。「得意な分野から手を付けて、気分が乗ってきたら苦手な分野に取り組む」「勉強と遊びの時間を決めて、メリハリをつけて学ぶ」などといったものですね。

宿題やテストは学習方略を試行錯誤できる機会なので、ぜひいろんな方略を試していただきたいです。

保護者はあくまでサポート役、実際に学習を進めるのは子ども自身

――適切な学習方略は動機づけにもつながるとのことですが、直接的に動機づけにアプローチするにはどうすればいいのでしょうか?

前提として、動機づけは情緒的な要素なので、客観的に捉えにくいんです。そこでよくある失敗が、子どもに対して「もっと勉強しなさい」といった根性論を押し付けてしまうことです。

ですので、動機づけにアプローチする際には、子どもの興味関心や特性に合わせて学びの機会を提供する必要があります。例えば、音楽が好きな子どもなら、リズムに合わせて言葉を覚えてみるように伝えたり、活字を読むのが苦手な子どもなら、カラフルなイラストや図をいれてノートを作るよう提案したり。

また、目標や学習計画を適切に立てることも大切です。易しすぎると挑戦しがいがないですし、難しすぎると自信を失ってしまいますので。50%の達成確率を目安として、コツコツと成功体験を積み重ねていくと、モチベーションも上がっていくでしょう。

子どもが自分で目標や計画を立てるのが難しい場合は、親が手伝いながら適切なものになるよう調整してもいいと思います。慣れてきたら、自分で目標や計画を立てるようにシフトしていきましょう。

――もう一つの要素であるメタ認知は、どのような関わりをすればいいのでしょうか?

メタ認知は子ども自身で行うことが難しいものなので、慣れるまでは親が肩代わりするといいでしょう。

例えば、テストの振り返りをする際、間違った問題を解けるようにするだけでなく、「なぜ間違ったのか、どうすれば次に同じような問題が出た時に解けるのか」まで考えられるように問い掛けてみる。

ここで大事なのは、「勉強量を増やす」といった抽象的な対策に陥らないことです。「社会の教科書は、年表や単語だけでなく、それぞれの流れを意識して読もう」など、できるだけ具体的な学習方略に落とし込むようにしましょう。

学習と健康・成長

保護者はあくまでサポート役です。あまり深く関わりすぎると、子どもが自分で考える機会が失われてしまいます。付かず離れずの距離で子どもを見守りつつ、子どもが自ら学べる環境を整えていくよう、ぜひ心掛けてみてください。

(撮影:品田裕美 編集:阿部綾奈/ノオト)

新着記事