学校再開でも焦らないで

コロナあけの学校再開 子どもの心、注意点は? いじめや不登校増のリスクも

2020.05.27

author
上野 創
Main Image

長期間にわたった異例の休校措置も、ようやく終わりつつあります。ただ、学校の再開後、そして例年と異なる夏休みに向けて、感染予防以外にも注意すべき点があります。NPO法人「ストップいじめ!ナビ」の副代表理事で、いじめられたり不登校になったりした子の支援もしている須永祐慈さん(40)に話を聞きました。(写真=休校が続く中で分散の自主登校が始まり、久しぶり学校に通ってきた公立校の児童・生徒たち=5月18日、広島県大竹市、西晃奈撮影)

話を伺った人

須永祐慈さん

ストップいじめ!ナビ副代表理事

(すなが・ゆうじ)小学生でいじめを受けて不登校を経験。その後、教育問題に関する研究や書籍編集などを経て、いじめ問題の研究・啓発を行う「ストップいじめ!ナビ」に参加。子どもの相談機関にも関わり、行政、SNS事業者と連携して活動する。

授業や行事、だんだん戻して

――各地で学校が再開し始めました。大人が注意するべき点は何でしょう。

子どもの気持ちの負担について、気を配る必要があります。

今回の長い休校期間中に、子どもたちはたくさんストレスをためていました。友達と会ったり遊んだりできず、家に閉じこめられて親やきょうだいといたわけですから、当然です。

親自身が自由に動けず、さまざまな情報に囲まれ、普段と異なる対応を迫られてストレスをためているのですから、子どもにも影響します。たくさんの宿題とか慣れないオンライン授業とかも、やっぱりストレスですよね。

学校が始まって解消される部分が大きいですが、一方、そのストレスを学校で発散する子どもも出てくるでしょう。ほかの子にちょっかいを出したり、暴力的になったり。いじめというのは、集団のなかでストレスが高まったところで発生することが多い。実際、東日本大震災による長期の休み明けに、いじめが増えたところもありました。

――先生たちも親も、学習の遅れを気にしています。

これだけの期間、予定外に授業ができなかったのですから、そうなるでしょう。学習指導要領を考えると、どんどん進めたい気持ちになると思いますが、遅れを取り戻そうとしてトップスピードで授業を進めたり、宿題をたくさん出したりするのはやめたほうが良いと思います。習うことが大量で疲れる、授業についていけない、勉強がわからない、という状態になれば、さらにストレスを抱えるリスクもあります。

学校行事も部活も、などと詰め込む学校もあるかもしれない。むしろ、緩やかな特別の時間割をしばらく続けて、だんだん戻していくぐらいの配慮が必要です。世の中は、まだまだ普段と違う状態が続きますし、子どもたちは不安を抱えています。先生たちは、まずそれを受け止めて、安心させてあげることを重視してほしい。

「3密」を避けるために、「分散登校」や「ならし登校」から始める自治体がありますが、子どもたちの心理面でも良いことだと思います。それが終わって一気に通常モードへ戻したりするのは、やっぱり心配ですが。

新着記事