コロナでどうなる大学入試

同志社大学入学センター所長の多久和英樹教授「何があっても大学は必死で対応する」

2020.06.01

author
中村 正史
Main Image

新型コロナウイルスの影響で休校期間が長く続き、スポーツや文化活動の大会が軒並み中止になっている。大学入試はどうなるのか、そもそも試験ができるのかと不安視する声が、受験生や保護者の間で広がっている。大学はどう対応するのか。関西私学の最難関、同志社大学で入学センター所長を務める多久和英樹教授に聞いた。(写真は、今年2月の同志社大の一般入試=同大提供)

「受験生は安心して勉強してほしい」に尽きる 

――一般入試で座席を離すとどうなるかといった想定はしていますか。

当然、シミュレーションしています。地方入試はどこまでできるのか、できないのか、シビアな想定をしています。

――出題範囲を高2までとするとか、高3の範囲は配点を低くするとかいうことがあり得ますか。

各大学の考え方によるでしょう。東大や京大がそういうことをするとは思えません。それによく考えてみればわかりますが、英語、国語は高3の範囲というのは関係ない。数Ⅲは理系であれば、その程度のことは身に付けてほしい。入試問題を作る時は、高校の履修範囲内で生徒が早い段階で身に付けるべきことを繰り返し問うています。

――スポーツや文化活動の大会が中止になっていますが、総合型選抜、学校推薦型選抜の基準を緩和するのでしょうか。

緩和の仕方は各大学が考えることです。例えば高校野球の甲子園で優勝した生徒と、地区大会で負けた生徒がいるとして、大学が見てきたのはそういう結果ではなく、この生徒は何をしてきたのかというアピールポイントです。今回は大会の結果が出せないので、逆に大学が見たい情報が明確になるのではないでしょうか。

――改めて受験生に伝えたいことはありますか。

受験生は安心して勉強してほしいということに尽きます。入試を運営する側はものすごく大変です。文字どおり死に物狂いで対処しています。コロナでも医療機関が懸命に対応していますが、それが大人の責務です。大人はそこまで必死にやっているので、受験生は一生懸命勉強し、しっかり力を伸ばして、社会の期待に応える必要があると思います。そして大人になって、自分たちがこのような状況に対応することになった時に恩返しをしてほしいです。

新着記事