学習と健康・成長

まゆ毛やまつ毛、髪を抜く原因はストレス? 子どもの「抜毛症」を正しく知る

2020.06.15

author
阿部 花恵
Main Image

ふと気づけば、自分で自分の髪の毛を抜いている……。もしお子さんにそんなクセが見られるのなら、それは「抜毛症(ばつもうしょう)」という一種の心の病気かもしれません。最近では小学生でも不安や緊張、ストレスから抜毛してしまうケースもあるといいます。なぜ「毛を抜く」症状が表れるのでしょうか? 実際に抜毛症と診断されたお子さんのご両親、そして精神医療の専門家に話を聞きました。

話を伺った人

立川秀樹さん

パークサイド日比谷クリニック院長

(たつかわ・ひでき)医学博士。日本精神神経学会専門医。東京、埼玉、茨城、北海道で精神科医・産業医として勤務。ストレスケア日比谷クリニック勤務、同クリニック副院長を経て、現在はパークサイド日比谷クリニック(心療内科・精神科・内科)院長。著書に『「こころの病気」から自分を守る処方せん こころの健康を取り戻すために』(マイナビ出版)など。

「抜毛症」はどんな病気? なぜ毛髪を抜くの?

「抜毛症とは、繰り返し自身の毛髪を抜き、さまざまな程度の脱毛状態に至る慢性疾患です。衝動や思考を制御するために意図的に行う自覚型と、何かをしているときについ行ってしまう無意識型、二つの型があります。さまざまな要因が関わっており、原因不明なケースも多いのですが、4分の1以上はストレス状況と関連していると言われています」

そう話すのは、日本精神神経学会専門医で、パークサイド日比谷クリニックの立川秀樹院長。なぜストレスが「毛を抜く」という行為につながるのか。その理由の一つに、保護下に置かれる子どもならではの環境要因がありました。

「子どもの場合、小学生から高校生までは自分で環境をコントロールできないケースが多いのです。住む場所も選べないし、親の都合で引っ越しすることもある。学校のクラスも1年間変わらないから、友人関係が悪化しても、理不尽な目に遭っても、同じ環境で過ごさなければならない。大人になると転職や独立という選択肢が出てきますが、子どもはそうはいきません。コントロールレスの環境下で不安を抱えた子どもが“自分でコントロールできること”の一つとして抜毛があります。抜こうと思ったら抜けるということは、努力に対する報酬が必ずもらえる行為なのです」

立川院長によると、子どもの抜毛症の事例が見られるのは、およそ小学校中学年から。低学年や未就学児の場合、コントロールできないことで生じる葛藤を、処理できるほどの自我がまだ形成されていないそうです。

小学3年生にもなれば、たしかに少しずつ「人がどのように自分を見ているか」を気にし始める年頃。さらに最近は、中学受験などのプレッシャーでストレスを抱えるタイミングと重なってくるケースがあるようです。

「子どもが自ら望んで勉強に取り組んでいるのならまだしも、本人は勉強以外にやりたいことがあるのに、親から『勉強してあの学校を目指しなさい』と押しつけられるのは、ストレスがたまって当然ですよね。自分がやりたいことが、親のせいでできない。これもまた、コントロールレスの状態と言えます」

治療法は? カウンセリングよりも問題解決が重要になることも

抜毛症の治療は、行動療法や薬物療法などさまざま。特に子どもの抜毛症治療について、抜毛行為をする原因が特定できるケースでは、カウンセリングよりも問題解決が最優先になると立川院長は話します。

「コントロールできない状況で、逃げ出したいけれど逃げ出せないという子どもを治療する場合、原因の根本を探し出して環境的に問題を解決しなければいけません。そもそも、子どもは経験が浅いため、ストレス耐性が低い。ですから、受け止めがたい現状から逃がしてあげるのが最も有効です。強迫性障害まで進んでいる場合は薬物療法も行いますが、当院では通常は子どもの気持ちを穏やかにする漢方薬を処方しています」

抜毛症画像1

治療期間は、子どもの環境因子とストレス対処能力次第では長期化することもあります。そんなときに何より重要になるのは、保護者や学校の先生など、身近な大人たちが子どもを守ること。症状が改善されず、医療機関に相談する場合は、通常の精神科より小児精神科がおすすめだそうです。

「子どもの抜毛行為を見つけたら、保護者はまず、ストレスでやっているのかどうかを本人に聞いてみてください。聞かれても子ども自身がわからないこともあるので、子どもの身の回りに本人が受け止めがたい環境があるか、探してみましょう。そして、疑いがある原因を本人に確認することです」

避けてほしい保護者の対応として、立川院長が挙げたのは、やみくもに叱って抜毛行為を止めさせること。ただクセで抜いている子どもならよくても、受け止めがたい現実から逃げるために行っている場合、逃げ場を閉ざすことにつながります。もしも原因が見つからなければ、少しそっとしておけば自然に治まるケースもあるそうです。立川院長は、「まずは保護者が子ども目線で守ってあげることが大事」と強調します。

小3で「抜毛症」を発症 カウンセリングに通うも……

実際に、子どもが抜毛症になって悩んだ経験があるご夫婦にも話を聞きました。三宅菜々子さん、父親の茂さん、娘の沙羅さん(いずれも仮名)は、当時、東京都内に3人で暮らしていました。ある日、小学3年生の沙羅さんに抜毛症の症状が出始めます。菜々子さんは当時の出来事を思い出しながら、娘さんに起こった変化を話してくれました。

「小学2年生の秋頃から、『学校で連日、腹痛を訴えている』と担任の先生から聞かされました。しばらくすると腹痛は治ったものの、3年生になると次第にまつ毛が少なくなってきて。最初は理由がわからなかったのですが、あるとき娘が自分でブチブチ抜いている姿を見て驚きました。抜いちゃだめだと注意しましたが、その場ではやめても気づくとまたすぐに抜くことの繰り返しでした」

やがて沙羅さんは、まゆ毛や頭髪も抜くようになっていきます。3年生の秋頃にはまつ毛はほぼなくなり、まゆ毛も薄くなっている状態でした。父親の茂さんも、「こんなに抜いたら毛根がだめになってしまうのでは」と心配し、厳しく注意したこともあったと言います。さらに症状が悪化し、頭頂部の毛が薄くなっている沙羅さんの姿を見て、やりきれない気持ちになったそうです。

原因はなんだったのか。菜々子さんは「明確なきっかけは不明」と前置きしつつ、沙羅さんが置かれていた環境や立場に問題があったのではないかと振り返ります。

「当時、学童クラブの友人関係で悩んでいたようです。1年生のときは喜んで通っていましたが、2年生になると行きたがらなくなりました。学童クラブのスタッフに聞いたところ、新1年生の女の子から悪口を言われていたことがわかりました。学校でもクラスに仲良しの女の子が1人いましたが、他の女児グループとは距離があったようです。2年生までは男子グループと遊ぶことのほうが多く、3年生でクラス替えがあったことも関係しているかもしれません。だんだん男女が一緒に遊ばなくなる年頃ですから」

3年生の終わりに、学校のクラス担任がつないでくれたスクールカウンセラーの紹介で、区の教育センターを訪れました。夫婦は、そこで初めて「抜毛症」という病気を知ったそうです。

そこから月に1回、菜々子さんと沙羅さんはカウンセラーのいる教育センターに通うようになります。沙羅さんはプレーセラピーを、菜々子さんはカウンセラーとの面接を重ねていきました。カウンセラーから「お父さんとも話をしたい」と言われ、茂さんも何度か面接をしたそうです。プレーセラピーの内容は保護者には伝えられなかった、と菜々子さんは言います。

「詳細はわかりませんが、娘とゲームをしたカウンセラーから『沙羅さんは相手のズルに敏感』と聞かされました。ちょっとしたズルさを許せないという性格が、融通の利かなさにつながって、友だち関係を悪化させたのかもしれません。また、『家の中でお父さんが2人いる状態になっている』とも言われました。私は感情をあまり表に出さずに理で話すタイプで、夫も正論で相手を詰めてしまうところがあるんです。それが娘の重荷になっていたのかもしれません」

その後、カウンセラーの「沙羅さんをのんびりさせてあげてください」という助言を家庭でもなるべく実践したものの、症状は悪化する一方だったそうです。

抜毛症改善のための決断。そこから得たものとは

沙羅さんが通っていた都心の公立小学校では、3年生の3学期から本格的な中学受験モードに入る児童が大半を占めていました。勉強によるストレスを軽減しようと、家族で話し合った末に中学受験をしないと決めたものの、これが裏目に出てしまいます。進学塾に通う周りの子どもたちがどんどん学力を伸ばしたことで、沙羅さんは相対的に成績が落ちてしまい、勉強面で周囲から取り残されたと感じるようになりました。授業についていけなくなり、帰宅後に泣いていることもあったそうです。

そんな沙羅さんの様子を見た夫婦は相談の上、5年生の終わりに転校を決意します。行き先は、夫婦双方の故郷である関西の地方都市。中学、高校への進学を考えると東京は何かと優位と考えていましたが、対人関係をリセットし、父親2人体制を改め、もっとのんびりできる地方で暮らした方が良いだろうと考えたのです。

沙羅さんと菜々子さんの2人が移住し、茂さんは東京で仕事を続けつつ月1回のペースで地元に通う半移住生活を送り始めました。すると、ほどなく沙羅さんの様子も大きく変化していったと言います。

抜毛症画像2

「みるみるうちに抜毛症の症状が改善したんです。6年生の4月から新しい学校に転入し、新しい友だちもできました。『今日は授業中に発言できたよ!』と明るく報告してくれた日は、本当にうれしくて」(菜々子さん)

転校後も地元の心療内科に2週間に1度のペースで通い続け、そこでは漢方薬とローションを処方されたそうです。その効果のほどは不明ですが、それよりも思い切って環境を変えたことが大きかったのではないかと、夫婦ともに感じているようです。この体験を振り返り、菜々子さんと茂さんは親子の関係性について、さまざまなことを学んだと語ってくれました。

「沙羅が一人っ子だったこともあり、私は親として『自分が子ども時代に、親からしてもらいたかったことを娘にしてあげたい』とずっと思っていました。でも、当たり前の話なんですが、親と子は異なる特性を持った別の人間なんですよね。子どもの身に重大なトラブルが起こると親はどんどん干渉してしまいがちですが、場合によっては口を出さずに見守ることも大事なんだと思うようになりました」(菜々子さん)

「お恥ずかしい話ですが、抜毛がひどい時期は家の中でそれとなく娘を横目で監視していたんです。『ほら、いま抜いた!』と現場を押さえて、叱って何とか止めさせようとしました。でもこれはまったくの逆効果で、私がいない場所でさらに抜くようになっただけという……。結局のところ、親が子どもを強制的に変えることは絶対にできないんですね。親が子のためにできるのは、周囲の環境を変えてあげることと、親としての考え方や行動を疑って自分を変えることだったんです」(茂さん)

(編集:阿部綾奈/ノオト)

新着記事