学校再開でも焦らないで

学習の遅れに焦り、夏休みは短縮、子どもに疲労も? NPOカタリバ今村久美さん 今こそゆるい居場所を

2020.06.18

author
古川 雅子
Main Image

学校が再開されてもなお、新型コロナウイルス感染の影響は続きます。早くも、「子どもたちが疲れている」という声も聞こえてきます。誕生して約20年になる教育関連の認定NPO法人「カタリバ」を運営し、安心安全な子どもたちの「第三の居場所」を作り続ける今村久美さん(40)は「今は、“教育の遅れ”以上に大事なことがある」と話します。(写真は、「カタリバごはん」サービスでお弁当を渡す今村さん。今年6月から就学援助等の支援を受ける高校生以下のいる世帯に、家族分を月2回提供している)

「貧困の連鎖を教育で食い止めたい」

――今後はどんな支援を展開していきますか。

今、もしかしたら子どもたちは、学校に楽しさを求めづらいかもしれない。例えば、私たちが全国で展開してきた「カタリ場プログラム」という、学校での出張授業があるんですが、コロナ禍で全部キャンセルになってしまいました。学校が3密になっちゃうから、その手のものって、全部なくなっているんですよね

学校再開後こそ、みんながゆるく集まれる居場所を増やしていきたいんです。実はカタリバオンラインも、体験機会の一つなんですね。「フェスをやろう」と呼びかけたら、「私があやとりを教えます」とか、「僕が人狼ゲーム大会を担当します」とか、子どもたちがどんどん自主企画を出してきました。

あと、今回の一つの成果は、オンラインこそ、はっちゃけられる場所にしていけるという可能性を示せたことです。普段は不登校気味で学校ではおとなしい子どもが、ダンス部で楽しそうに踊りを披露していたシーンも見られました。今後はリアルでも、オンラインでも、両方につながりの場を用意しておきたいと思っているところです。

今村久美さん
インタビューに答える今村久美さん=上野創撮影

一方で、ずっと気がかりだったのが、オンラインにつながれない子どもたちのこと。ICT 環境がないと教育とつながれない世の中になるなんて、コロナ以前は想像もしていませんでした。オンライン教育や学びのICT環境の整備という課題においては、同時に、「福祉を受けるべき子どもたちの学びをどう支えていくのか」についても、本気で取り組んでいかなければならないと考えています。

カタリバでは、パソコンとWi-Fiを無償で貸与する「キッカケプログラム『奨学PC』」というプロジェクトを実践中で、6月7日にひとまず90台のパソコンを生活困窮世帯の子どもたちに発送したところです。私は何としても、貧困の連鎖を教育で食い止める可能性を探っていきたい。困難を背負った子どもたちこそ、今回のコロナの経験をチャンスに変えていってほしいんです。

【*注】中央教育審議会初等中等教育分科会「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」に関わる今村久美さん、岩本悠さん、香山真一さん、神野元基さんらが取りまとめた資料。

新着記事