コロナでどうなる大学入試

オンライン活用に自信 中心はやはり対面授業 37歳の河合塾新理事長インタビュー

2020.07.01

author
花野雄太
Main Image

大手予備校・河合塾(名古屋市)の理事長に、37歳の河合英樹氏が6月1日付で就任しました。父で前理事長の弘登氏(73)は理事会長となり、経営のバトンを引き継ぎました。英樹氏は朝日新聞のインタビューに「学び続ける人の成長と自己実現をサポートする」と抱負を語りました。

河合英樹理事長

話を伺った人

河合英樹さん

河合塾理事長

(かわい・ひでき) 1982年生まれ。海城中学高校、一橋大卒。三菱地所を経て河合塾へ。グループ経営戦略本部長や理事、副理事長を経て現職。

このタイミングだからこその代替わり

――河合塾のどこを守り、どこを変えていきますか。

積み重ねてきた信頼と、講師の力が我々の強みです。学び続ける人の成長や自己実現をサポートし、教育を通して社会に貢献する使命は変わりません。一方で、オンライン授業やAI(人工知能)を使った教材などを適切に組み合わせ、生徒それぞれに最適な形で提供するという点については、改善の余地があります。

――新型コロナウイルスが影を落とす中での就任となりました。

正直、大変な時期だなと思います。受験生の数が減少し、経営環境が厳しくなる中で、予期しなかった感染症の対策に追われています。ただいずれ代替わりをするなら、変化が激しいこのタイミングだからこそ、期待に応えられるのではないかと考えました。理事会長からは「今までのやり方にこだわり続ける必要はない」と言われています。

河合塾の本部がある名古屋市千種区のビル
河合塾の本部がある名古屋市千種区のビル(河合塾提供)

――受験生のニーズ、大学のニーズ、それぞれの変化をどう見ていますか。

若年人口が減り、大学側は強い危機感を持っています。「大学全入」の時代では、入学選抜の意味は小さくなり、在学中にどういう価値が提供できるかという本質的な部分が重要になります。受験生も、偏差値や合格率といった入り口だけを見るのではなく、オープンキャンパスや説明会などに参加し、就職先などの出口も見て、シビアに大学を選ぶ時代になるでしょう。私たちも、本当に求められている情報、受験生に「刺さる」情報を、大学と連携しながら発信していかなければいけません。

新着記事