学習と健康・成長

「手紙」で磨く4つの力 何から始めれば? 注意点は……楽しく書くコツ

2020.07.03

author
有馬 ゆえ
Main Image

休校期間中、友だちとのコミュニケーション不足で、ストレスを抱える子どもが多かったそう。いまだ気軽に会って話すことが難しい今、メールより「手紙」でのコミュニケーションを提案してみませんか? ラーニング・アドバイザーの高橋真生さんによれば、手紙は作文力や企画力などを磨く機会にもなるとのこと。友人、祖父母、先生など、さまざまな人へ楽しく手紙を書くためのコツを伺いました。

手紙やハガキは、必ず投函前に見直しを

――実際に手紙を描くときは、何から始めればいいですか?

手紙を書くときは、「書きたい気持ち」がもっとも大事。まずは、「誰に何を書きたいか」を考えてみましょう。友だちなどカジュアルに手紙を書ける相手であれば、形式にはこだわらず、おしゃべりをするように「自分が伝えたいこと」「相手が喜ぶこと(聞きたいこと)」を思いのままに書いていいと思います。

ただ、普段のおしゃべりと違い、手紙の言葉は残るもの。書き終わったら、翌日以降に「自分が相手から言われたらどう思うか」という視点で見直すよう、子どもにアドバイスしてください。

面倒そうでも、「相手を不快な気持ちにさせてしまったら、二人の関係が変わってしまう可能性があって心配なんだよ」と促してあげてくださいね。

――長期休暇中は、ハガキで季節のあいさつ状を書くケースもありそうです。ハガキならではの注意点はありますか?

ハガキは書くスペースが少ないので、文章を書くのが苦手な子にも親しみやすいですよね。ただ一方で、相手の保護者など周囲の人に読まれるかもしれないという難しさがあります。友だちが保護者に知られたくない話を不用意に書いてしまったら、友人関係がこじれることにもなりかねません。

ですから、その難しさを説明したうえでハガキを書かせ、最初は投函前に保護者がチェックするのがいいと思います。子どもが読まれるのを嫌がるなら、「封筒に入れて投函したら?」と提案しましょう。

新着記事