学習と健康・成長

「手紙」で磨く4つの力 何から始めれば? 注意点は……楽しく書くコツ

2020.07.03

author
有馬 ゆえ
Main Image

休校期間中、友だちとのコミュニケーション不足で、ストレスを抱える子どもが多かったそう。いまだ気軽に会って話すことが難しい今、メールより「手紙」でのコミュニケーションを提案してみませんか? ラーニング・アドバイザーの高橋真生さんによれば、手紙は作文力や企画力などを磨く機会にもなるとのこと。友人、祖父母、先生など、さまざまな人へ楽しく手紙を書くためのコツを伺いました。

目上の方宛ての手紙はルールを知る機会に

――祖父母、学校や習い事の先生など、目上の方に封書で手紙を書く機会もあるかもしれません。

低学年ならば、まず大事なのは書くこと。タイミングによっては「あけましておめでとうございます」「暑中お見舞い申し上げます」などのフレーズを添えてもいいですが、あとは自由に書かせましょう。

3年生以上になったら、そろそろ形式を学んでもいい年頃。目上の方への手紙を書く際は、手紙のルールを学ぶ機会にするといいと思います。「拝啓」「敬具」のような言葉はなくても、冒頭部の時候のあいさつや結びの言葉、最後に日付、署名、宛名を付記するといった決まりを教えてあげてください。

形式にのっとった手紙が仰々しく感じたときは、定番フレーズの言い換えをするとバランスがよくなります。例えば、定番の時候の挨拶に「盛夏の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」というものがありますよね。

それを「今日は大きなスイカを食べました。暑い日が続きますが、おばあちゃん、お元気ですか?」と変えれば、印象が変わります。季節について感じたことを素直に表現すると、より「その子らしさ」が出ますよ。

――目上の方に向けた場合、書く内容に困る子もいるかもしれません。話題選びはどうしたらいいですか?

基本的には、自分が好きなこと、がんばっていることについて書けばいいと思います。ただ、それらを書くのが恥ずかしいならば、お互いの共通点や相手が過去に話していたことをヒントに考えるといいでしょう。

習い事の先生が相手ならば、自分ができるようになったこと、練習していることについて書けばいいですよね。学校の先生、祖父母などに宛てる場合は、本、遊び、音楽、スポーツ、ニュース、食べもの、動植物といったテーマのなかから、書きたい話題を探してみましょう。

手紙1

新着記事