緊急連載 濱田純一・東大前総長が語る「9月入学論」

第5回◆同じ課題をかかえているのは東大だけではない

2020.07.02

author
EduA編集部
Main Image

4月下旬から浮上した「9月入学論」で必ず引き合いに出されたのが、10年近く前に大議論になった東大の秋入学構想だった。当事者である当時の総長、濱田純一氏が秋入学構想を振り返り、日本の大学や社会に求められることを語る。(聞き手・中村正史、写真は朝日教育フォーラムで講演する濱田純一氏=2013年2月8日)

【話を伺った人】濱田純一さん

話を伺った人

濱田純一さん

東京大学名誉教授・前総長/放送倫理・番組向上機構(BPO)理事長/映画倫理機構理事長

(はまだ・じゅんいち)1950年兵庫県生まれ。東京大学法学部卒、同大学院法学政治学研究科で憲法を専攻。法学博士号取得。同新聞研究所教授、社会情報研究所長、大学院情報学環長・学際情報学府長、副学長を経て、2009~15年、東京大学総長。

東大生に多様性が備われば「鬼に金棒」

――東大は大都市圏の私立中高一貫校の出身者が多く、同質性が高い。裏返せば、多様性に欠けます。その人たちの意識を変えるという意味では、ギャップタームとかギャップイヤーは有効でしょう。

点数至上主義への偏りから学生たちを解放したいと思いました。点数を求めて努力の限りを尽くすというのは、それも人の成長の上で大切です。しかし、それが世界のすべてだと考えてはいけない。鬼に金棒になる、と私は冗談で言っていましたが、頭がいいというだけでなく、多様性のある環境の中に置かれることで、社会的な行動力、コミュニケーション力や信頼を受ける人間的な力、多様なものや異質のものを受け止める力も備われば、すばらしい力になる。そこまで育てるのが大学の責任だと考えていました。だから、コストを払ってもやる価値があるんだと。手段はさておき、学生をこのように育てたいと考えていた教員は多いと思います。

学生の国際化というのは、いわゆるグローバル人材といった言葉では誤解される可能性があります。ただ語学ができて海外での仕事もこなせるというだけでなく、国際化を通じた知的な成長、人間的な成長を目指していました。受験勉強の狭い社会で生きてきた東大生が、自分が生活してきたのとは大きく異なった世界で生きる経験をすることの意義の大きさですね。また、学生には、そうした成長ができる潜在的な力があると思っていました。

――東大の学部学生で留学する人が非常に少なかったのは、留学する必要がなかったからだと思います。学部を4年で卒業して大企業に就職するか、官庁に入ればいいので、半年も1年も遠回りする必要はないでしょう。

たしかに、これまでの社会の仕組みや意識を前提にすれば、そういう考え方にとらわれるのは無理もないと思います。寄り道もせず、一本道をとにかく早く進んでいくのが優秀ということだと錯覚してしまう。もはや伝説的ですが、たとえば外交官試験なら学部3年でパスして中退するというのがエリートの見本のように語られた時代もありました。日本社会がつくり出してきた、そういう発展途上型のモデルを壊していかないと、社会の成長は必ず止まります。戦後日本の高度成長を支えたのは、そのモデルだったのだろうと思いますが、同時にいまの国力の伸び悩みの主要な一因もこのモデルです。

私自身、長く生きてきて、たくさんの人の人生も見てきましたが、隙間のない人生ですぐに大企業や官庁に就職したからよかったとは必ずしも言えない気がします。就職の人気企業なども、私の若い頃と比べると、いまはすっかり様変わりしています。まして、これからの時代は、社会環境が不連続的に、あるいは予想もつかないような形で変わってくることは間違いありません。過去のモデルにしがみつくことは止めるべきで、どうすればこうした時代にも意義ある豊かな人生を過ごすことができるのか、柔軟な力を育てるための教育をすべきです。若い人たちは、これから何十年という未来を社会の中で過ごすのですから。

若い人たちの間でも意識は変わってきているように感じます。秋入学の議論が盛んだった2012年の4月に入学したほとんどすべての学部生を対象に学生新聞がアンケートをしていますが、その結果は、秋入学の支持が50%、不支持が23%という数字でした。これほどの数字ではないにしても、ほかの調査でも若い人たちの秋入学に対する反応は想像以上にポジティブでした。若い人たちは、やはり時代の変化を敏感に受け止めており、大学はそれにしっかり応えていく責任があります。

――東大の卒業生で杉並区立和田中や奈良市立一条高校の校長を務めた教育改革実践家の藤原和博さんが「9月入学はまず東大のみで実施。高校以下は不要」と主張し、半年間のギャップタームの意義を認めて、「そうでないと正解至上主義の人生をスタートさせてしまう」「9月入学で東大に留学生が来るのか、学生が長期留学を目指すのかが実証されたら、他大学も9月主導にそろえたらいい」「ナンバーワンがリスクを取ってやってみるべきだ。言い出しっぺなのだから」と言っていますが、どう思いますか。

ギャップタームの意義を評価して9月入学を、という論旨は大賛成です。また、東大という存在がまずリスクをという意見も、以前にお話ししたように、私も同感です。国際競争の最先端にいようとする大学、新しい時代に挑戦することが責務と考えている大学、社会を牽引するのが役割だと思い期待もされている大学が、まず先陣を切るべきだというのは、私が秋入学を考えた時の最初の思いと重なるところがあります。

ただ、私が実際に秋入学に向けて取り組みを行った経験を踏まえた戦略論として言えば、東大だけということには留保が必要です。以前にお話ししたような、国家試験の時期の変更やギャップタームへの制度的な手当てや経済的な支援、社会のサポートは、東大だけへの配慮となれば、どこまで社会的に理解してもらえるか。なぜ東大だけを優遇するのか、という批判が当然、出てくるでしょう。やはり国際的な競争を意識している大学がある程度、塊として動いた方が、社会的にも受け入れられやすいと思います。最近の大学政策も機能別分化を推進する中で、指定国立大学法人制度やスーパーグローバル事業など、さまざまな制度改正や事業を通じて、特定の役割が期待される大学への重点支援を強めてきています。

また、これもお話ししたように、秋入学構想というのは、大学の中だけの改革ではなく、社会のあり方や意識、価値観も変えていこうという、大きな広がりを持った取り組みです。そうした社会の変化は、ある程度の規模で大学が動き出す方が生み出しやすいでしょう。

新着記事