国語のチカラ ~「読み、書き、表現」アップの鉄則~

「段落」についての学習を、文章の読解に生かそう!

2020.08.10

author
南雲 ゆりか
Main Image

小学校では3、4年生で段落の学習をします。段落の学習が読解にどのように役立つのか、ピンとこないところがあるかもしれません。でも、説明文の大事なところをとらえるのに役に立ちます。どんなことに気をつけて学習すればよいかをお話ししたいと思います。

「形式段落」と「意味段落」

3年生でまず習うのが、「形式段落」。 改行して1字下げて始まる文のまとまりのことです。学校の授業でも、形式段落に番号をつけたりしますね。

この形式段落のいくつかを、意味のつながりでひとまとめにしたものが「意味段落」です。意味段落の分け方は観点によって異なりますが、小学校では次のように分ける学習をします。

説明文を三つの意味段落に分ける

1 冒頭部(はじめ) 「話題の提示」(結論もあわせて示す場合がある)
2 展開部(なか)  「具体的でくわしい説明」(具体例)
3 終結部(おわり) 「結論」

典型的な説明文は、この三つの部分から成り立っています。

まずはこの基本パターンをしっかり理解しておきましょう。

国語のチカラ ~「読み、書き、表現」アップの鉄則~

問題を見てください。

①の段落で「プラスチックごみのポイ捨てが問題になっていますが、なぜでしょうか。」と問いかけて話題を示しています。

②の段落で生き物が死ぬことがあるという具体例を挙げ、③の段落でも続けてマイクロプラスチックの例を挙げています。

この二つの段落を、④の段落の「このように、」でまとめています。そして、①の段落の「問いかけ」に対する答えとして、「人の健康や生態系に悪い影響があるのではないかと心配されています。」と述べています。この「問いかけに対する答え」が、結論となります。 

このように、「はじめ」「なか」「おわり」の三つで構成するのが説明文の基本形です。小論文型の作文を書くときは、この形にするとうまくまとまります

ただし、テストの素材文などは、本の一部分を取り出しているため、必ずしもこの三つに分けられるわけではありません。また、どこが意味段落の分かれ目なのか、線引きしにくい場合もあります。

三つに分けることは目的ではなく、「話題の提示」「具体例」「結論」という概念を習得するためのひとつのプロセスです。この三つの概念を活用しながら文章を読めるよう練習していくことが大切です

新着記事