学習と健康・成長

早生まれは高校入試にも影響!? 東大教授が説く「不利のはね返し方」

2020.09.15

author
山下 知子
Main Image

早生まれは幼いころは不利だが、小学校の高学年ぐらいになれば気にならなくなる――。そんな印象論は誤りだとする研究が話題になっています。「生まれ月による不利は、大人になっても存在する」。7月に発表した論文で、こう指摘した東京大学大学院の山口慎太郎教授(労働経済学)に、早生まれの不利をはね返す方法を聞きました。

山口 慎太郎さん

話を聞いた人

山口 慎太郎さん

東京大学大学院経済学研究科教授

(やまぐち・しんたろう)1976年生まれ。専門は労働経済学、家族の経済学。「『家族の幸せ』の経済学」(光文社新書)でサントリー学芸賞受賞。男性の育児休業や保育政策などについて、積極的に発信している。

早生まれは大人になっても損をする?

――昔から、「早生まれ」は幼稚園や保育園、小学校低学年のころは不利だと言われてきました。記者の次男(4)も3月生まれなので、気になっています。

生まれた月の違いによる成長差は、幼少期ほど大きいものがあります。4月入学で、4月2日生まれから翌年4月1日生まれを同じ学年とする日本では、「最年長」である4月生まれの子どもは相対的に体格がよく、勉強やスポーツもよくできて、リーダー的な存在になりやすい一方、「最年少」の3月生まれは何事にも遅れがちです。個人差はありますが、集団としてみた時にそうした傾向はやはり存在します。

――でも、成長すれば差は縮まってくるんですよね。知人に「小学校の高学年ぐらいになれば心配ない」と聞いてホッとしていたのですが……。

残念ながら、今回の研究で早生まれの不利は、高校入試の段階でも続いていることが分かりました。統計的な誤差を補正した上で、4月生まれと3月生まれで入学した高校の偏差値を比べると、4.5も違っていました。私たちも、こんなにもはっきりとした差があるとは思っていませんでした。

早生まれの「不利」は大人になってもなくならない

――ちょっとショックです。では、いくつになれば差がなくなるのでしょう。

早生まれの不利は大人になっても消えません。30~34歳の所得を比較した先行研究によると、早生まれのほうが約4%低いという結果が出ています。この年齢になれば3月生まれと4月生まれで生物的な能力差はないので、知力や体力、体格ではなく社会の仕組みそのものが、早生まれの不利を固定化する方向に働いていると考えられます。

理解の鍵は「認知能力」と「非認知能力」です。認知能力とは、IQ(知能指数)や学力テストなどで示される能力を指します。一方、非認知能力は「最後までやり抜く力」や「感情をコントロールする力」「他人と良い関係を築く力」といった能力を指します。近年の研究で、社会的に成功する人は非認知能力が高いことがわかってきています。早生まれの子どもは、同じ学年の遅生まれの子どもに比べて認知能力と非認知能力がともに低い傾向がありました。

新着記事