コロナ時代の「留学」

コロナで留学が中止に・・・若者と教員が意見交換 「もっと相談先や交流の機会を」

2020.09.15

author
上野 創
author
斉藤 純江
Main Image

新型コロナウイルスの感染拡大で、留学に影響が出た学生たちの声を聴く催しが今夏、オンラインで開かれました。緊急帰国したり、渡航を中止・延期したりした若者たちからは、無念な気持ちや先への不安が語られました。同時に、気持ちを切り替えようとする言葉や、同じ境遇の同世代との交流を求める声も。催しでのやりとりを紹介します。(写真は、7月の「生徒・学生の未来会議」に参加した学生たちと9月にやりとりする玉川大国際教育センターの高城宏行さん=左上)。

玉川大経営学部2年の山本真由さん(20)は、8月から約1年間、米ペンシルベニア大に留学予定でした。世界を舞台に活躍する会計士という夢に向け、英語と会計学を学ぶつもりで、留学中は150万円の給付型奨学金も予定されていました。

しかし、大学のプログラムが中止になり、「来年は就職活動を優先させたいので、大学時代の留学は断念することに決めました」と発言しました。

「留学で身につけられたであろう語学力や専門知識は、就職活動の武器にできると考えていました。それに匹敵する何かを身につけなければという焦りと不安があります」と話します。

それでもいまは、この1年をどう有意義に過ごすかを考え始めています。外国人留学生とテーマを決めてオンラインで議論する大学のプログラムに参加したり、簿記の資格取得やTOEICの勉強に力を入れたりするつもりだと言います。

留学断念

9月から大学のプログラムで英国へ留学予定だった玉川大文学部2年の岡本壮平さん(19)は、「出発は来年1月か2月に延期」と言われました。「9カ月留学し、4年で卒業できるというのが玉川大を選ぶ決め手だった」と言い、留学を楽しみにしていました。

アルバイト先などでも外国人客を見つけては話しかけるなど、自分なりに努力をしていましたが、感染拡大でそれもできなくなりました。「日本語を学ぶ米国の学生とオンラインで教え合ったりしているけれど、やっぱり実際に会って話すのが自分にとっては大きな刺激。残念な気持ちです」。東京で一人暮らしをしており、生活のためのアルバイトも必要なうえ、大学の授業の課題もたくさん出ており、「英語の勉強に集中したいけれど難しい」と悩ましい現状を語りました。

 市川凌さん(20)は、短大から4年制大へ編入する道をやめて留学を選んだ、と話しました。4月にセブ島に渡って語学を磨き、その後、カナダへ本格的に留学するつもりだったそうです。「今年20歳。今しかできないことをと考えて大きな決断をしました。出発の2週間ほど前に飛行機が飛ばないと分かり、先が真っ暗という状態になりました」とつらい胸の内を語りました。

新着記事