学習と健康・成長

子どものSOSは3種類、サインに気づくには 心に寄り添う声がけは 専門家に聞く

2020.09.29

author
ゆきどっぐ
Main Image

「子どもの問題には必ず大きな意味がある」と言う医師・臨床心理士の田中茂樹さん。これまで子どもの不登校や引きこもり、摂食障害、リストカットなど約5000件の保護者の悩みの相談に乗り、解決に向けてアドバイスしてきました。今回は中学受験をするうえでの勉強や習い事への考え方、子どもたちの心に寄り添う言葉かけについてお話を伺います。

勉強とは関係なく あなたがいてくれることが幸せだと伝え続ける

――子どもに勉強を促す場面などではどのように声かけをすべきでしょうか?

保護者の「勉強をさせる」という意識から変えていく必要があります。「させる」ということはすでにコントロールしているから、子どもにとって自主的・自律的ではありません。

Shigeki_Tanaka_2

子どもが自分から勉強をするようになるためには、結局は、「あなたがいてくれることが幸せなんだよ」と伝えることが一番だと思います。

いろんな言い方や伝え方ができますよね。言葉じゃなくても目があったらニコッとほほ笑むとか、好きなおやつを準備するとか。あなたがいてくれることが私の幸せだと惜しみなく伝えていく。そうしたら、今度は子どもだって、「自分が何をすることを保護者は求めているか」についても考えはじめると思います。

ただ、子どもが保護者を喜ばせようとばかりするようになると、これは問題です。私自身、親から「勉強しろ」と言われたことは一度もなく、現役で東京大学へ入学しました。でも、私が勉強をしていたのは、「母親を喜ばせたい」という気持ちからでした。家族の中でつらそうにしていた母親が、いい点数を取るとうれしそうだったから。

その結果、大学に入ってもどうしていいのかまったくわからず、2カ月もしたら行かなくなりました。もっと本当に自分がしたいことをしておけば、あんなに途方に暮れることもなかっただろうと思います。

私が子どもと接していてよく思うのは、彼らはそんなに保護者に助けてもらいたいと思っていない。むしろ、保護者を喜ばせて笑顔にして、助けたいと思っている。

なぜかというと子どもが大人と対等になろうと成長し、さらには保護者が好きだから。弱い者として導かれ、守られるよりも、頼りになるものとして感謝されたいんです。

――「大人になりたい」という気持ちに近いですか?

そうですね。子どもたちはいつも「ちゃんと認めてほしい」と思っています。それは、幼い時からずっとそうで、3~4歳の子でも下にきょうだいができたら、一生懸命に保護者の助けになろうとするんです。保護者はそういう子どもの気持ちを意識しておいたほうがいいですね。

――保護者は子どもと良好な関係を築くうえで、何を大切にすべきでしょうか?

子どもと関係を築くうえで大切なのは、大人も自分の人生を楽しむことです。忙しいとか、介護があるとか、いろいろな問題があるかもしれないけど、それでも隙間の時間があったら自分のしたいことをする。

自分の人生を楽しく生きている保護者を見せるのはすごくいい教育ですよね。自分もそういう大人になろうと、将来に夢が見えてくる。そうすれば、保護者と子どもの関係が守り・守られる関係から“仲間”へと発展し、良好な関係へとつながっていくと思います。

(編集:野阪拓海/ノオト)

新着記事