ハイスクールラプソディー

米中で映画出演、俳優・水原碧衣さん 岐阜高校 「優等生が劣等生に」が心地よかった

2020.10.15

author
橋爪 玲子
Main Image

あきらめられなかった「俳優」の夢

――京都大へ進学後、俳優を目指したのは?

高校卒業後は京都大の法学部に進学しました。入学後、まわりの子たちの多くは法律に興味があり、本気で司法試験を目指していました。私はそこまでの思い入れがないまま、法学部という聞こえのいい感じと親の期待で入学し、法律の勉強を避けながらの学生生活を続けていました。卒業後は早稲田大大学院に進学し、弁護士を目指したのですが、どうしても「俳優になりたい」という夢があきらめきれずにいました。夢にけじめをつけたくて、大学院を休学し、中国の北京電影学院へ留学することを決めました。北京電影学院は、日本の宝塚のように試験の倍率が高く、由緒ある映画の専門大学として世界でもベスト3に入るような大学です。そこで世界のトップレベルの教育を受けるチャンスをもらった私は、朝から晩まで無我夢中で演技の勉強に打ち込みました。まさに本物の「優等生」だったと思います。そのご褒美として首席で卒業することができました。これは人生で初めて、がんばったから得られたものだと自信を持って言える宝物となりました。

水原碧衣さん
北京電影学院時代の水原さん(左から3番目、本人提供)

――夢を実現するために大切なことは?

何が自分の人生にとって一番大切なのかを考えることだと思います。私自身、いわゆる“エリート街道”を進みながら、生きるうえでのお金、栄誉、安定性などさんざん悩みました。最終的に私がいろいろなものを全部そぎ落として守ったものは、縛られない自由、それは夢だった俳優になることでした。今は主に中国で活動をしていますが、この道に身を置いていたことで、ハリウッド映画「フェアウェル」にも出演することができました。次の夢はアメリカで語学と演技の勉強をすることです。実はこの夢、高校時代からずっと考えていたものなんですよ。

水原碧衣さん

岐阜県立岐阜高等学校

1873年に開校。校訓は、百折不撓(幾度失敗しても志をまげないこと)、自彊不息(自ら努め励んでやまないこと)。2020年度は東京大14人、京都大19人と進学実績は県内トップクラス。センター試験の前に応援団が水をかぶって3年生を応援する水垢離(みずごり)という行事がある。

【所在地】岐阜県岐阜市大縄場3-1

新着記事