学習と健康・成長

本田圭佑によるオンライン校の学びとは 運営会社「NowDo」の鈴木良介副社長に聞く

2020.10.20

author
阿部 花恵
Main Image

「月額1ドルで好きなだけ遊べる、中高生のためのオンラインスクール」というコピーとともに、2020年7月に新設した「NowDo」。サッカー元日本代表の本田圭佑さんが立ち上げたオンラインスクールとしても知られています。なぜスクールを立ち上げたのか、利用者はどんな学びを得られているのか。本田圭佑さんと共にNowDoを立ち上げたNowDo株式会社取締役副社長兼COOの鈴木良介さんと、地方在住で実際に講義を受けている中学1年生の小田航さんに伺いました。

中学1年生が見たNowDoの魅力

NowDo_4

実際にNowdoを活用している中高生は何を感じているのでしょうか? これまで配信されたほぼすべてのライブ講義を聴いている、兵庫県在住の中学1年生の小田航さんに話を聞きました。

――どんなきっかけでNowdoを知りましたか?

「中高生向けにオンラインスクールができるらしいよ」と母が教えてくれました。「たった1ドルで滅多に会えないすごい人たちのライブ講義が見放題なんて安すぎる」と驚きましたね。サッカー経験はないですが、本田選手のことはもちろん知っていて、興味が湧いたのですぐに入会しました。

――さまざまなテーマの講義がありますが、とくに面白かったものは?

もともとAIに興味があったので、水野雄介さん(ライフイズテック株式会社代表)の回は面白かったです。「AIに勝つためには、まだ誰にも作られていない新しいものを作ればいい」というお話が刺激的でした。あとは、「身の回りのビジネスの見つけ方・作り方」がテーマの工藤慎一さん(ecbo株式会社代表)の講義ももう1回聴きたいです。

「食事の大切さ」がテーマの小竹貴子さん(クックパッドコーポレートブランディング・編集担当本部長)の回は、最初はそんなに興味がありませんでした。でも、聴いてみたら「アメリカの肥満率の要因」など知らないことばかりで面白くて。

それに、12歳で起業した加藤路瑛さん(株式会社クリスタルロード社長)の回も刺激的でした。僕は起業なんてまったく考えたことがなかったので、同世代なのにすごいなって。

――講師陣に質問はしてみましたか?

毎回するようにしています。どのゲストのときも自分が共通して聞いているのは「今までやってきてよかったことは?」という質問です。講義中は気になるキーワードや内容を、付箋を使って自分なりにメモしています。

――「Discord」はどんな風に活用していますか。

いろんなコミュニティが20くらいあって、僕はまだ正式にどこかに属しているわけではないのですが、「名言部」と「鑑賞部」をよく覗いています。名言部は古今東西のいろんな人の名言を話し合うコミュニティで、鑑賞部は映画好きが集まっています。なるべく自分からあいさつしたり、話しかけたりしています。いろんな考えを持った同世代とのやり取りは刺激になりますね。

――NowDoの学びを、今後どんな風に活用していきたいと思いますか。

ゲームクリエイターになりたいという気持ちはあるんですが、それ以外にもいろんなことに興味があるので、将来やりたいことはまだ全然決めきれていません。

NowDoを通じてさまざまな世界を覗けるし、同世代からどんどん刺激を受けています。ここで得られる経験や知識が、これからの人生で武器になっていくのではと期待しています。

(撮影:辰根東醐 編集:ゆきどっぐ+ノオト)

新着記事