知りたい 聞きたい キーパーソンに問う

「文理分けは日本だけ」は本当か? 隠岐さや香・名古屋大教授に聞く

2020.10.21

author
中村 正史
Main Image

関西の進学校を中心に、理系志望がこれまで以上に増えています。最近はAI(人工知能)やデータサイエンスが注目され、子どもを理系に進ませたいと考える保護者もいます。文系、理系に分けるのは日本だけと言われますが、本当でしょうか。どのような歴史的経緯で現在の枠組みができたのでしょうか。科学史が専門の隠岐さや香・名古屋大学大学院教授に聞きました。(写真は、女子の理系進学を後押しするため、立教大学理学部が女子中高生向けに開いたチャレンジラボ=2019年9月)

隠岐さや香さん

話を聞いた人

隠岐さや香さん

名古屋大学大学院経済学研究科教授

(おき・さやか)東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学。広島大学大学院総合科学研究科准教授を経て、2016年より現職。専門は科学史。著書に『文系と理系はなぜ分かれたか』(星海社)など多数。

日本は海外に比べて文系、理系の断絶が深い

――文系、理系に分けるのは日本だけと言われますが、そうなのでしょうか。

言葉の意味がずれていると思います。大学で自然科学と人文・社会科学を二つの文化に分ける発想があるのは、英語圏やドイツ圏、フランス圏でもそうです。中国や韓国など東アジアでは、文系、理系という言葉で理解してくれます。

ただ、海外では、日本のように断絶が深くありません。日本では大学入試の時に文系、理系に分かれたままですが、海外では分かれていても越境する仕組みがあります。海外では文系、理系という区別がないように見えるのです。

文理融合の学部をつくった教授が言っていましたが、日本では大学受験の段階で「自分は文系なので」「理系なので」というアイデンティティーを持ってしまうようです。大学入試が自己イメージを縛ってしまうのです。外国人留学生だと、そういうことはあまりありません。

私が専門にしているフランスでは、文学、社会科学、自然科学の三つに分かれ、優秀な人は社会科学か自然科学に進むと言われていました。優秀かどうかの物差しは、数学ができるかどうか。数学ができる人、特に男性は、社会科学が文学より上という意識がありました。マクロン大統領はこれを改革しようとしていて、高校で三つのコースに分けることを廃止し、いろんな科目を学ぶようにしています。

――日本が独特なのは、明治維新以来、急速に近代国家の形をつくり、産業を育成しようとした歴史が大きいのではないですか。

明治維新が大きいです。人材養成を急ぐ中で教育制度をつくり、法律がわかる官僚と技術官僚の両方を育てようとしました。日本の大学はドイツをモデルにしたと言われますが、当時のドイツの大学は専門コースが緩くて、学生は何でも学べました。日本は高校段階から文系、理系に分けて、大学卒業まで一直線に進みます。ドイツの大学とは表面的に似ているだけで、中身は異なります。

国家をつくることを急ぐ中で、官僚が文官と技官に分かれて縄張り争いのようなことが生じたのも影響したかもしれません。

新着記事