Close-up! 注目の学部・学科

経営・文化・テクノロジー…食に学際的アプローチ 立命館大学 食マネジメント学部

2020.10.28

author
西島 博之
Main Image

安心・安全に対する意識の高まり、食料自給率の向上、食料危機への対応――。食をめぐるさまざまな課題の解決には、既存の学問を組み合わせた新しい学問領域の確立が必要になる。2018年4月に開設された立命館大の新学部は、食を総合的に研究する日本初の学部だ。

卒業後の進路は自ら切り開く

従来の学問の枠を超え、食に関する総合的な学びをめざす食マネジメント学部。学生も新たな学びができる場としての期待を持って志望するケースが多い。食マネジメント学科2年生の竹下颯さんは、大学卒業後は起業したいという夢を持って入学した。

「もともと経営学部を志望していました。ただ、これからの時代は武器がなければいけないと思い、その武器として、人が生きていくうえで欠かせない食を選び、この学部を選びました。デジタル化が進んでも、食というものがなくなることはありません。私たちが一生付き合っていかなければならない問題だけに興味深い学問だと思いました」

同学科2年生の寺田歩さんは、国際分野に興味を持っていた。

「国際問題は食、医療、教育と多岐にわたります。そのなかで、生活の土台となる食にアプローチして、世界の多くの人が食で笑顔になれるような未来に貢献できたら、と考えました」

スーパーなどで売られている食品は世界のあらゆる地域で生産されている。寺田さんが思いをはせるのは、それをつくる、地域の生産者の姿だ。

私たちが学ぶべきものの本質は地域や人にあると考えています。授業では、デスクワークにとどまらない地域や企業に関する情報が提示されます。それが地域に行き、さまざまな人と出会うきっかけになり、学外での学びを充実させることにつながっています」(寺田さん)

学部の学びについて竹下さんが強調するのは、教員と学生の距離の近さだ。

「時間があるとき、あるいは質問したいときは、気軽に研究室を訪れることができ、先生と意思疎通を図ることができます。先生の紹介により、学外の方々と交流の輪を広げることもできます。自分が積極的に動けば動くほど、多くの体験ができる環境にあります」(竹下さん)

学部の学びで重視されているのは、現場を知ること。教員を接点に、多くの学生が現場に飛び出し、ネットワークを広げている。

人の味覚、嗅覚といった感覚や嗜好(しこう)を測定できる官能評価実習室。大学の施設としては日本最大級の規模(撮影/写真部・高野楓菜)
人の味覚、嗅覚といった感覚や嗜好(しこう)を測定できる官能評価実習室。大学の施設としては日本最大級の規模(撮影/写真部・高野楓菜)

2人は卒業後の進路をどのように考えているのだろうか。当初の目標どおり、「食関連で起業したい」と話すのは竹下さんだ。

「これからの時代は地方分権をさらに進め、地方自治体が特色を生かしながら自立していくべきだと考えています。最終的な夢は、地元・広島で事業を興し、地域の活性化に貢献することです」(竹下さん)

寺田さんは「人が笑顔になる瞬間を共有したい」と話す。

「人が笑顔になる瞬間は、その人の人生が凝縮されているような感覚があります。その瞬間に立ち会える機会を増やせることに取り組んでいきたいと考えています」(寺田さん)

2022年4月、学部1期生が社会に巣立っていく。食関連企業、メディア、公務員など、想定される進路は幅広い。自ら起業する人も出てくるだろう。朝倉学部長はこう話す。

「新しい学部だけに、1期生の就職先が学部の評価を左右すると考えています。ただ、1期生には、『君たちで進路を開拓していってほしい』と強調しています」

新しい学問領域をつくる。それが大学の大きな役割」と朝倉学部長。そんなチャレンジ精神から生まれた食マネジメント学部の学生には、自らの道を切り開いていくことが期待されている。

【大学メモ】

1869年、西園寺公望が創設した私塾が起源。京都法政学校などを経て、1913年、私立立命館大学に改称。学部学生数(全学部)は3万2243人(2020年5月1日現在)。食マネジメント学部は15番目の学部として開設。入学定員は320人。

新着記事