知りたい 聞きたい キーパーソンに問う

「渋滞学」の西成活裕教授 文系、理系の枠組みでは現代的課題は解けない

2020.10.30

author
中村 正史
Main Image

文系、理系の選択をする時に、カギを握るのが数学です。大学入試で数学を課さない大学もありますが、最近は文系社員が多い企業でも、AI(人工知能)やデータサイエンスの基礎を教える動きが出てきました。『渋滞学』などの著書があり、数学の面白さを伝えている西成活裕・東大先端科学技術研究センター教授に、これから必要な人材や数学教育などについて聞きました。(写真は、米国人工知能学会の総会に合わせて開かれた就職説明会で、中国の百度〈バイドゥ〉のブースに集まる若手研究者=2019年1月)

クイズ王でも専門バカでもない人が一番役に立つ

――一人の頭の中にいろんな分野の知識が入っていることが大事、と強調されています。

大学院の頃から主張していました。米国のプリンストン高等研究所がノーベル賞を受賞した研究者らを集めたことがありましたが、部屋にこもって自分の研究をするだけで、成果は出なかったという話を聞いたことがあります。お互いのことを理解したり、相手に興味を持っていたりしなければ、集まっても交わりもなく、自分の主張だけして帰るのです。

私は「T字型人間」と言っているのですが、「T」の縦棒は専門性、横棒はいろんな分野を意味し、両方が必要です。縦棒だけの人は専門バカと呼ばれ、横棒だけの人を私はクイズ王と呼んでいます。クイズ王でも専門バカでもない「第三の人材」が社会で一番役に立つ人です。

――高校段階で文理に分かれたとしても大学や大学院で融合すればいいのですが、そうなっていません。大学教育も問われます。

根の深い問題で、学会制度が背景にあります。学問が縦割りになっていて、その背後にあるのが学会です。研究者がキャリアパスをそこに置くのです。そこで学部を分けない教育の試みを、まだ少数ですが、分野を融合できる人、越境できる人たちで考え始めています。

専門性の教育は新型コロナウイルスで崩壊しつつあります。オンライン授業なら好きな授業が取れるし、海外の授業も取れます。そうなるとどこの大学を出たかは意味がなくなり、どの先生のどんな科目を修得したかが重要になってきます。自分の興味に応じて、化学と医学と経済学を取って単位になるようなことが出てくると思います。

――文系は私立大学が多くの学生をかかえ、入試で数学がいらない大学も多い。一方で、会社に入ってから数学的素養が求められるようになっています。

随分前に『分数ができない大学生』という本が話題になりましたが、そういう学生はたくさんいます。私の経験でも、教えていて、あっけにとられることがあります。これは私立大学の経営がからんできます。経営を成り立たせるための妥協が、いろんなところでひずみを生んでいます。

中学高校時代に数学から脱落してしまうと、結局困るのは本人です。長い人生で数年間、数学を勉強しないだけでその後の選択肢がかなり狭められてしまうこともあり得るのです。そうなると30代、40代になって、あの時に勉強しておけばよかったと後悔することになります。

――『渋滞学』をはじめ、数学の面白さをわかりやすく伝えている先生のような人がもっと増えていくといいです。

まず興味を持ってもらうことから始めることです。今までの数学教育は、例えば「この方程式は美しいでしょ」というものでしたが、これで興味を持つ人はごく一部です。それよりも、「これを勉強すると給料が倍になるでしょう」と言ったほうがいいかもしれません。

新着記事