わが子の受験適齢期

小6の夏休み明け、子どもが「なぜか突然、中学受験。」 漫画家・細川貂々さんインタビュー

2020.11.06

author
鬼頭佳代
Main Image

塾に通わず親子で受験勉強をした理由

 ――受験塾に通うのではなく、ツレさん(細川貂々さんのパートナー)が勉強を教え、貂々さんがサポートする「親塾」を選んだことに驚きました。

 私は、ずっと通っていた補習塾で受験勉強も教えてもらえると思っていたんです。ところが、いざ相談をしたら「あまりにも時間がないから、うちではとても教えられません」と、大手の受験専門塾を勧められました。でも、レベルの高い塾に行って、「お前は後から来たんだから、2倍頑張れ」とか言われたら、息子は勉強が嫌になってしまうんじゃないか……、と思ったんです。

 それで、大学生の頃に、中学生の家庭教師をしていたツレが勉強を教えると決めました。

ツレの決意2

けれど、もし夏休みの前に受験を決めていたら、塾に行かせていたと思います。

――それはなぜですか?

 結局、中学受験の仕組みや細かい事情は、塾から得ることが多いと感じたからですね。私は「意地悪クイズみたい」と言っていたんですが、試験には小学校の授業だけでは全く解けないようなややこしい問題が出てくるので、専用の対策が必要なんです。そのあたりのノウハウは塾に蓄積があるのだと思います。

 あと、友だちも受験の話を学校では一切しないんです。それもあって、息子も受験生としての自覚がなかなか持てませんでした。他の受験生がどう過ごしているか、どうやって受験勉強をしているのか、まだ分かってなかったんだと思います。

 ――そのあたりのハンディキャップを、どうやって乗り越えたんですか?

 ツレがネットで見つけたのですが、中学受験を題材にした漫画「二月の勝者-絶対合格の教室-」(高瀬志帆・小学館)にはとても助けられました。

 漫画好きな息子はすぐに全巻読破。作品の中に、自分が感情移入できるキャラクターも見つけて、「やっぱり、一生懸命勉強している子がいるんだ!」と分かったようで。受験に対して感じていた孤独や不安が解消され、すごくほっとしたみたいです。同時に、少しずつ受験生の自覚が芽生えていったようでした。

 私たち親側も、この作品を通して「中学受験ってこういう仕組みだったのか」とだんだん理解していきました。

 ――そのほかには、どうやって情報収集をしましたか?

 基本的にネットで調べましたが、各学校が開催する「プレテスト」は毎週のように受けに行きましたね。

 プレテストは、試験だけじゃなくて、学校見学や説明会が必ず一緒に開催されるんです。なかには、国語の長文の文章の書き方などまで含めた受験対策マニュアルを配るケースもありました。そうやって実際に現地に足を運び、見て聞いて情報を集めていましたね。

新着記事