わが子の受験適齢期

小6の夏休み明け、子どもが「なぜか突然、中学受験。」 漫画家・細川貂々さんインタビュー

2020.11.06

author
鬼頭佳代
Main Image

「やってよかった」 中学受験は、息子にとっての成功経験に

 ――4カ月の間、受験にどんな気持ちで向き合っていましたか?

 受験すると決めたばかりの頃は「いざとなったら公立中学という逃げ道があるから大丈夫」と、楽な気持ちでやっていくつもりでした。

 けれど、情報を集めるうちに、「私立中学を受験するなら、1つは合格しないと子どもの傷になるのではないか」と思うようになり、「どこかには合格させてあげたい」という気持ちに変わっていきました。

 とはいえ、全体を通して、「中学受験に挑戦して良かった」と、息子自身が思える経験なれば、と思っていました。

私は…

――振り返ってみると、中学受験はどんな経験になりましたか?

 今の息子はすごく堂々としていて、ちょっと余裕が出た感じですね。自分のやるべきことは勉強だと分かったようで、今も自分から勉強しています。

 よく「成功体験があるといい」と聞きますが、中学受験もその一つになるんですね。自分で決めて何かを成し遂げたことが、彼にとってすごく良い方向につながったと思っています。すべてが終わった後、「こんなふうに成長するんだったら、中学受験をやってみて良かったよね」とツレとも話しました。

 それに、親子3人でこんなふうに何かに立ち向かう経験は、中学受験が最後だと思うんですよ。これからは自分のやりたいことを見つけて、自力でやっていきますから。なので、今は「息子との最後の戦いがちゃんと成功してよかったなぁ」という気持ちですね。

――もし短期間の準備で中学受験をすると決め、頑張っているご家族がいれば、どんなメッセージを贈りますか?

 夏休み明けに受験準備を始めるなら、「その子に合う学校をどうやって見つけるか」がじゃないでしょうか。その子の学力をちゃんと見極めて、無理のない学校と合った勉強方法を探すこと。

 特に学校選びでは、子どものやりたいことや素質も大きい要素だなと思います。うちの子は、大人数がちょっと苦手で。小学校はマンモス校だったので、反対に人数が少なく先生がよく見てくれることも学校選びの基準になりました。

 あと、受験期間だけは子どもを第一に考えた生活をするといいじゃないかなと思います。

 ――新型コロナウイルスの影響で予想外のスタートとなりましたが、ちーと君の中学生活はいかがでしょうか?

 マスクしているので他の同級生の顔を上半分しか見たことがなくて、当初は会話もあまりできなかったようです。けれど、9月の運動会で交流ができて、今は楽しそうに通っていますよ。もちろん組体操はありませんでした。少人数なので、先生が生徒をよく見ていて、ちゃんと褒めてくれるのも小学校ではあまりない経験だったようで驚いていましたね。

 これからどんどん視野を広げられる挑戦をして、自分のやりたいことや好きなことを見つけてほしいなと思っています。

 (編集:野阪拓海/ノオト)

新着記事