コロナ時代の塾活用法

オンライン授業主体で私立中入試を突破 「中学生社長」加藤路瑛さんの勉強法

2020.12.09

author
葉山 梢
Main Image

12歳で起業し、「中学生社長」として知られる加藤路瑛(じえい)さん(14)は塾に通わず私立中学に合格しました。塾の集団授業が合わず、自分に合うやり方を模索してたどり着いた方法だったという加藤さんの学習法とは――。

分かりやすくて驚いた理科の動画

路瑛さんが中学受験に興味を持ったのは、友人の兄が通う私立中には給食がないと聞いたことがきっかけだった。路瑛さんは「感覚過敏の特性があり、においや食感に敏感。小学校の給食が苦痛だったんです」と振り返る。

しかし、母の咲都美(さとみ)さんは「そんな理由で本当に受験するの?」と、小4の間は様子を見ることにした。市販されている大手塾のテキストを親子で読み、算数だけは週1回、家庭教師に来てもらった。小5になっても「受験したい」という気持ちが揺るがなかったため、大手塾に入れることにしたという。

塾通いを始めた路瑛さんだが、周りの鉛筆の音が気になったり、問題を解くペースが合わなかったりして半年で方針を転換。試しに視聴したオンライン学習システム「スタディサプリ」の中学受験講座が分かりやすかったため、その後は独学で受験勉強を続けることにした。なかでも「理科が分かりやすくてびっくりした」(路瑛さん)。講座で取り上げられていた実験キットを買い、自宅で再現するなどするうち、理科は得意科目になった。少しだけ見た中学の数学講座も面白く、受験勉強のモチベーションが上がったという。

動画で興味を持った実験は、市販の実験キットで再現してみたという
動画で興味を持った実験は、市販の実験キットで再現してみたという

定期的に模試を受け、模試の範囲に合わせて動画で学ぶことで学習のペースを保った。咲都美さんもスケジュールを作り、その日に勉強する内容を毎日ホワイトボードに書いてサポート。小6の夏からは再び、家庭教師に過去問対策をお願いした。咲都美さんは「決められたカリキュラムで、決められた時間内に解くという集団塾のやり方が苦手なお子さんには、オンライン学習が合うと思う」と話す。

新着記事