『ドラゴン桜2』桜木建二が教える 2020教育改革

清水章弘さんに聞いた 我が子が伸びる塾選びのポイント

2021.01.04

author
桜木 建二
Main Image

塾・予備校の存在は、日本の教育の世界ですっかり欠かせないものとなっている。是非論はともかく、実態は今後も変わらないだろう。どうやっていい塾・予備校と出合えばいいか。そのあたりを聞くのに適任がいたぞ。東京と京都で学習塾「PlusT」(以下、プラスティー)を運営している清水章弘さんだ。

正しい勉強習慣をつければ、教育改革も怖くない

学習塾「プラスティー」は、勉強そのものというより、「勉強のやり方を教える」という触れ込みで高い人気と評価を得ている。

 清水さん自身も授業を担当しながら、全国の学校、教育委員会、企業のアドバイスもしている。国の制度に先行して、独自に「わが教育改革」を推し進めているようなものだな。

 「本来、学ぶことはそれ自体が喜びですし、学ぶ本人が自律しておこなうのが本当の姿ですよね。ですからプラスティーでは、詰め込み学習はしません。

 指導者と学習者で、なぜ勉強をするのかという目的や、何を目指すかといった目標を共有して、進むべき道をともに歩んでいくスタンスをとります」

 なるほどこの塾では各教科の内容ももちろん教わるが、それ以前にみずから学ぶ方法、すなわち「自学力」の身につけ方を教えているのだ。 

塾で人気の個別指導。先を考えると注意したい点も

現状、日本では、塾・予備校が「学びの場」として欠かせないものになっているのは間違いないところだな。

 これだけたくさん存在するとなると、どんな塾を選ぶかが重要になってくるだろう。広く学校へのアドバイスなどもしている清水さんに、客観的な視点から、塾の選び方を指南してもらおう。

 まずは「形態」だ。見渡すと、塾にはマンツーマンの個別指導、複数の生徒が集団で授業を受ける形式、その折衷のような少人数授業などがある。

 このところは「個別」の人気が高いようだな。受講料も高くなるが、そのぶん効果もあるんじゃないかと、保護者は期待してしまうものだが……。

 「そうですね、教科や分野によっては、個別が効果的なこともあると思います。

 たとえば国語の記述問題できめ細かい添削が必要なときですとか、算数でなかなか概念が理解しづらい単元ですとか。

 ただし、ひとつ気をつけたいことがあります。マンツーマンで教えてもらうことに慣れ過ぎると、サポートなしで勉強するのが苦手になってしまうこと。

 大人に依存しながら勉強していっても確かに、中学受験あたりまでは合格することができます。

 ただ、大学受験になると、『人に言われたことをやる』スタイルのままでは太刀打ちできません。

 それに、大学というのは教育機関であるとともに研究機関でもある。学生は教育を受ける者であると同時に研究の徒でもあるのです。

 独り立ちして学びを進められないようでは、研究なんて無理ですよね。やはりできるだけ早いうちに、みずから学ぶ姿勢を身につけるべきですね」 

(C)三田紀房/コルク「ドラゴン桜」パート1から
(C)三田紀房/コルク「ドラゴン桜」パート1から

塾選びは見学が必須。講師の研修体制もポイントだ

ほかに塾選びの着眼点はあるだろうか?

 「通う生徒のことを、どれほどかけがえのない存在として捉えているか。そこが見るべきポイントであろうと思います。

 お子さんがいる家庭には、さまざまなかたちで塾の案内資料が届くことでしょう。

 塾選びの第一歩としてはそれらに目を通すのもいいのですが、実際に見学に行ってみなくては本当のところはわかりません。検討対象の塾には、必ず足を運んでみましょう」

 塾へ直接行ってみて、よくよくチェックするべきは何か。清水さんは明快にひとこと、「人」であるという。

 「どんな人がその場を束ね、実際にどういう人が勉強を教えてくれるのか。とくに先生としてのスキルについては、シビアに見極める必要があります。

 どのように採用され、どんな(社員)教育を受けてきた人が教える立場にいるのかは、はっきりと聞いてみるのがいいですよ」

 おたくの先生のスキルはどうなんですか?とは、見学に行った身としてなかなか聞きづらいこともあるかもしれない。

 そこでよくあるのは、案内資料に書いてある「○○大卒」という講師プロフィルを安心材料にしようとすることだ。

 それはよくない。出身大学だけでは、講師のスキルなど判断できないに決まっている。ひとつ、こう聞いてみるといいんだ。

 「先生方の研修の体制は、どうなっていますか」 

新着記事