発達凸凹の子の中学受験

学校に行けない…自分の特性と現実に葛藤 子どもたちが選ぶ道、覚悟して楽しんで見守る

2021.01.21

author
なないお
Main Image

この春、自閉症スペクトラムの息子が兵庫県の名門・灘中学校に合格したものの、地元の公立中高一貫校に進学したブロガーのなないおさん。発達凸凹の子どもたちの子育てについてつづります。

その子らしい人生を歩むために

子どもたちをよく知ってくださっている臨床心理士さんにも現状を伝え、相談しました。何かよくできたこと、成果があったことを褒めるのではなく、何げない日常の小さな幸せを共有していくこと、当たり前の日常が送れることを認めて褒めること、子どもの存在そのものを、いい面も悪い面も含めて受け止めていると言葉にして伝えることなどのアドバイスを受けました。

今、日々の生活の中で、子どもたちがダメな部分も含めて自分であること、それで何か困ったら工夫や助けを求めることで補っていけばいいことなどを言葉にして伝えています。何度も言ってきたことではあるのですが、言葉を変え本人が受け取りやすい形を探しながら繰り返しています。

凸凹のある子どもたちにとって思春期に大切なのは自己理解とよく聞きます。自分の特性と向き合い、折り合いを自分でつけていかなくてはならない年頃になります。今、私の子どもたちはそれと向き合っています。己の手持ちのカードを知り、やり繰りしながら世の中と折り合いをつけようとしています。

その結果どういう方向に行くのかはわかりません。親としてできることは限られていたとしても、可能な手助けをしていきたいと思っています。環境を整えること、可能な選択肢を提案していくこと、見守りながら本人の心の成長を待つこと。これくらいしかできることは残っていないと感じています。

pixta_47231997_M

あれだけ頑張って中学受験をしたのに今このような現状で、なんとかならないかと私もしばらくはあの手この手でもがいてきました。でも、子どもはその子が育つようにしか育たないのです。改めて自分が親として一番望むことは何かをよく考えてみました。子どもが一流大学に入ることでも立派な社会人になることでも、何かで成功を収めることでもありません。その子がその子らしく自分の人生を歩んでいけること。できれば幸せに暮らしてほしいですが、それも子どもが自分で選んで考えていく道です。

まだまだ子どもも成長過程。私の親業も道半ば。どんな道になろうとも受け止めていく覚悟をしつつ、日々の生活を楽しんで、焦らずじっくり子どもたちの未来を見守っていこうと思っています。ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

新着記事