わが子が伸びる習い事

数学研究者×ピアニスト・中島さち子さん 「やりたい」を仲間とできる習い事は楽しい

2021.01.22

author
斉藤 純江
Main Image

STEAMも探究も試行錯誤の連続

最近は、STEAM教育の普及にも携わっています。その要素は科学(Science)、 技術(Technology)、工学(Engineering)、芸術(Arts)、数学(Mathematics)で、理系教育と思われがちですが、創造的で、つくり手としての喜びが感じられる学びであることを大切にしています。

いま、群馬県の公立高校でSTEAM探究プログラムを進めていて、健康や歩きをテーマにした探究を行っています。日々、歩数や歩きの質を見たり、歩きイベントを開催したり、歩数計をつくってみたり。生徒は「この条件だと精度がよさそうだ」などと予想したり、仮説を立てたり、実際に歩いたりしながら、試行錯誤を繰り返しています。日本では「正解」を教える教育になりがちですが、探究に正解はなく、生徒は「何をやりたいのか」「自分はどう考えるのか」を、常に問われます。誰しもが発明家! 「自分にもできる」ということを実感して、皆がつくり手としてワクワクできるような学びを増やしていきたいと思っています。

バックナンバー
新着記事
新着一覧
新着一覧

ページトップ