コロナでどうなる大学入試

2次試験中止 信州大「緊急事態継続なら」、宇都宮大は決定 共通テストで合否判定へ

2021.01.22

author
上野 創
Main Image

信州大は、2月8日以降にいずれかの都道府県で緊急事態宣言が出されていた場合、経法学部と人文学部の一般選抜の個別(2次)試験を実施せず、大学入学共通テストの結果のみで合否を判定する、と1月21日発表しました。宇都宮大学も同日、個別試験の中止を発表。いずれも、新型コロナウイルスの感染状況を理由とし、「受験生らの健康と安全を優先した」と説明します。大学側に理由を聞きました。(写真は信州大の松本キャンパス)

宇都宮大は5学部で中止決定

宇都宮大は、5学部の個別試験を中止すると発表しました。「全国的な感染の拡大状況や、栃木県で緊急事態宣言が発令されたことなどを踏まえ、受験者の健康と安全を守ることを最優先に判断」と理由を説明しています。

2月25日に予定していた前期日程では、「地域デザイン科学部」「国際学部」「工学部」「農学部」で特定教科や小論文の試験を行う予定でしたが取りやめ、共通テストの一部科目の結果を合否判定に活用します。教員を育成する「共同教育学部」は、教育への関心や意欲、資質などを見る小論文と面接の代わりに、「論作文」を提出させて判定に使います。また、音楽、美術、保健体育の実技は動画や画像の提出を求めます。

3月12日の後期試験はすべて中止とし、共通テストの結果のみで判定します。

宇都宮大のホームページから
宇都宮大のホームページから

新着記事