エデュアお悩み相談室

中学受験を嫌がる 小3の娘をやる気にさせるには 佐藤ママ「早く決めないと」

2021.01.28

author
佐藤 亮子
Main Image
  • 受験するかどうかを早く決めないと出遅れる。
  • 娘に目の前にある分かれ道の話を具体的にして、親子で現時点で納得のいく方法を決める。
  • 気が変わっても中学受験できるよう、ひとまず2月から塾に入れる手も。

《質問者》小3の娘は学校の成績が良く、優等生が集まる環境が向いていると思うので中学を受
験させたいのですが、本人は受験や塾通いを嫌がっています。通塾する友人から大変だと聞き、3歳上の兄が塾の宿題で苦労していたことが印象に残っているようです。どう対処すればいいでしょう
。(東京都 小3女子の母)

今号の回答者は「佐藤ママ」

《回答》早く決めないと出遅れます
親子で中途半端ですね。「学校の成績がいいので中学受験をさせたい」という程度では、受験は乗り切れません。受験に合格できるレベルまで実力を高めるには、3年はかかると思います。本気で合格を目指すなら、今年2月から中学受験塾に入らないと間に合いません。受験するかどうかを早く決めないと出遅れます。不合格の理由として「出遅れて間に合わなかった」ことを挙げる人は多いのです。「優等生が集まる環境が向いている」と言いますが、合格後のことを語る資格があるのは、実際に受けて合格した人だけです。

娘さんは、通塾している友人が大変そうだから塾に行かない、受験はしないと言っているそうですが、友人が本当にそう思っているかどうかはわからないし、友人が中学受験に合格したとき、「やはり自分は受験しなくてよかった」と思えるでしょうか。公立中学に行く選択もありだと思いますが、3年後には高校受験が待っています。どの段階で受験と向き合うかは人それぞれですが、逃げ続けるわけにはいきません。兄が苦労したのがわかっているなら、お母さんはその経験をもとに、塾の宿題にもっと楽しく取り組めるようサポートできるのではありませんか。そうすれば、この問題は解決できます。

新着記事