文系、理系の壁

関西の進学校を中心に理系が増加 灘校長「増えた分は医学部志望」

2021.02.15

author
中村 正史
author
柿崎明子
Main Image

最近十数年は、大学入試で文系より理系を志望する生徒が増えています。とくにその傾向が顕著なのが関西の進学校。代表格ともいえる灘中高の和田孫博校長に、背景を聞きました。一方、東の開成、都立西などでも同様の現象がみられるのでしょうか。東京にも、理系教育に力を入れ、文理が逆転した私立女子校があります。(写真は、立教大の「チャレンジ・ラボ」。学部や大学院の女子学生がアシスタント役となり、女子中高生と実験を行って、理系の魅力をアピールした=2019年9月)

灘では文系が4分の1を切る

昨年11月、一橋大の大学祭でオンラインイベント「分離してきた文理のミライ」が開かれた。一橋大は商学部など社会科学系4学部のみ。東京工業大の学生らを招き、「文系と理系はなぜ分かれたのか」を書いた隠岐さや香・名古屋大大学院教授(インタビューはこちら)を交え、「文理とジェンダー」などを議論した。

学生からは「中学受験の算数ができず、自分は文系だとずっと思ってきた」「出身県で東工大を受けたのは私以外、全員男子だった」、卒業生からは「職場では文系職と理系職がくっきり分かれるのではなく、専門外の人にいかに伝えるかが大事」などの発言があった。企画した社会学部1年の小山栞奈(かんな)さんは「文系と理系が支え合う、補完し合うことが大切と、より多くの人に伝えたいと思った」と話す。

関西の私立進学校はもともと理系志向が強かったが、兵庫の3校ではこの十数年で加速している。では高2から文理が分かれるが、現在は4クラスのうち、理系が3、文系が1弱の人数比になっている。和田孫博校長は「この10年くらいで、文系は4分の1.5だったのが4分の1になり、さらに4分の1を下回るようになった。増えた分は医学部志望」と話す(インタビューはこちら)。神戸女学院では3分の2が理系志望で、うち半分は医学部を目指す。最近は建築や情報工学、生物工学など幅広い分野に進む生徒も増えてきた。甲陽学院では1学年約200人のうち、約150人が理系、約50人が文系志望で、理系の約4割は医学部を目指す。以前は理系と文系は2対1くらいだった。

灘の和田校長は「本校の中学入試では算数の能力を求められ、社会は課していない。将来の職業を意識して大学に進学するようになり、医学部は将来の自分の姿が見えやすい。ただ最近の文系は、国際機関で活躍したいとか志向性を持っていて優秀な生徒が多い」と話す。

一橋大の学園祭イベント「分離してきた文理のミライ」では、「文理とジェンダー」のほか「文理と就職」についても話し合った。画面右下は隠岐さや香・名古屋大大学院教授
一橋大の学園祭イベント「分離してきた文理のミライ」では、「文理とジェンダー」のほか「文理と就職」についても話し合った。画面右下は隠岐さや香・名古屋大大学院教授

新着記事