学習と健康・成長

冬の塾弁に食べたい! スープジャーレシピ3選 栄養たっぷり、心も体もぽかぽかに

2021.02.22

author
鬼頭佳代
Main Image

ペーストであっという間にできる! 「かぼちゃのポタージュ」

腹持ちが良くてほっとする「かぼちゃのポタージュ」。あらかじめペーストを作り、冷凍しておけば、すぐに作れるんです。ペーストは料理の付け合せにもなりますよ。

スープジャー_4

かぼちゃのペーストのレシピ

<材料(できあがり量180g)>
かぼちゃ(皮・種つき)……300g

<作り方>
1. かぼちゃは種を取り除き、耐熱皿に並べてラップをかけて電子レンジで約6分、竹串がすっと通るまで加熱する。

2. 皮を残してスプーンですくい、熱いうちにつぶす。

3. 保存容器に入れて冷凍庫で保存。(冷凍保存ができる期間の目安は2〜3週間)

かぼちゃのポタージュのレシピ

<材料(1人分)>
かぼちゃのペースト……60g
薄力粉……小さじ2
牛乳……1カップ(200cc)
塩・こしょう……各少量
A
玉ねぎ(みじん切り)……1/12個(20g)
バター……小さじ1
B
水……1カップ(200cc)
コンソメスープの素(顆粒)……小さじ1/2

<作り方>
1. かぼちゃのペーストは自然解凍する。

2. 鍋にAを入れて弱火にかけ、玉ねぎが透明になるまで炒める。

3. 薄力粉をふりかけて均一に炒め、かぼちゃのペーストとBを加えて中火にして混ぜ、ひと煮立ちさせて弱火にし、ふたをして10分煮る。

4. 牛乳を加えて1分煮て、塩・こしょうで味をととのえて火を止める。

5. 熱いうちにジャーに移す。

スープジャーをうまくつかえば、手間をかけずに、おいしい塾弁を子どもに持たせられます。

さまざまな食材を、1人分ずつ用意するのは非効率で手間もかかります。例えば、ベーコンやあさり、セロリ、玉ねぎなどは、それぞれ小分けにして冷凍しておくと便利な食材です。ぜひ、試してみてください。

(編集:野阪拓海/ノオト)

バックナンバー
新着記事
新着一覧
新着一覧

ページトップ