『ドラゴン桜2』桜木建二が教える 2020教育改革

「はじめの一歩を踏み出そう」が学びの合言葉になる! ISAKジャパンの小林りん代表理事

2021.03.15

author
桜木 建二
Main Image

世界80カ国以上から多様なバックグラウンドを持った生徒が集まる長野県・軽井沢のインターナショナル高校「ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン」。前回、代表の小林りんさんに、withコロナの時代の新しい学びの姿についてうかがった。
オンラインとオフラインの組み合わせなど、教育現場の課題は数々あれど、学ぶ側に必要なマインドはさほど変わらない。小林さんは先ごろ『世界に通じる「実行力」の育て方 はじめの一歩を踏み出そう』を上梓。学び成長する気持ちを抱くすべての人に向けて、まずは一歩を踏み出すことの重要性を説いている。

進路は大いに迷っていい、一歩を踏み出し続けよう

「そうなんです、世の中の状況や自分の周囲の環境がどうあれ、自分なりの『北極星』を見つけようという言い方をしています。

一個人として本当に情熱を捧げられるものは何かを見定めることと、その先に自分の思いが社会とどう結びつくだろうかと考えること。

『内向きの問い』と『外向きの問い』というふうに本書で紹介していますが、そのふたつの問いに対する解を見つけるために、最初の一歩を踏み出すことが大切だと思っています。そこに至る道のりは、かならずしもすぐ見つかるとは限りません。『あっちかな、こっちかな』と迷うのは自然なことだと思います。

とにかく歩みを始めようという意志を持ち続けるのが大事なのではないでしょうか」

あれこれと進むべき方向を迷ったって、オーケー。そう言われれば、気が楽になる向きも多そうだ。

「私も迷いまくってきましたからね。小さいころから好きなことはたくさんあったけれど、これをやるんだ!と見定めるのにはかなり時間がかかりました。今のように学校教育に携わろうと決めたのは、あれこれ悩みながら4回も転職した末、34 歳のときのことですから。

時間はかかったけれど、一歩を踏み出し続けたからこそ今、ここにいられるんだなと実感しますよ。これからの社会は選択肢がますます多様になっていく気配があります。

だとしたら、『一歩を踏み出し続ける』というマインドセットは、ますます大事になっていく気がします」

親は子の踏み出す一歩を見守り、そっと背中を押して

そうしたマインドセットは、子どものみならず親の側にも必要だと小林さんは強調する。

「こと教育の問題においては、たいていの場合、親御さんのほうが保守的な考えから抜け出せていない気がします。周りの目を気にしたり、世間からのプレッシャーに自縛されていたり。

または、自分がうまく一歩を踏み出せなかった後悔なども、頭を渦巻くのかもしれません。

もしそうなのであれば、せめて子どもが一歩を踏み出そうとしているとき、まずは止めずに見守ってほしいし、そっと背中を押してあげられたらいいですよね」

(C)三田紀房/コルク「ドラゴン桜」パート1から
(C)三田紀房/コルク「ドラゴン桜」パート1から

新着記事