企業入社難易度ランキング

本邦初「就職偏差値が上がった大学」ランキング 規模別上位100大学 1位は立教大、理工系大学が躍進

2021.03.09

author
井沢 秀
Main Image

大学に対する評価は時代とともに変わる。企業がどの大学をターゲットとして採用活動を行い、どんな学生を採用しているのかも、外部からの評価の一つと言える。企業からの評価がどう変わったかを見るために、大学通信が算出した「大学の就職偏差値」を用いて、2020年と2010年を比較することにより、この10年間で就職力が上がった大学を調べた。本邦初の試みである。大学通信の井沢秀・情報調査・編集部部長が解説する。

主要企業への就職比率トップは慶應義塾大、増加率1位は千葉工業大

主要企業就職者200人以上の1位は、2.2ポイントアップした立教大。全学部生を対象にしたグローバル・リーダーシップ・プログラム、実践的な英語教育などを行っており、1・2年次に企業を訪問するスタディツアーもある。

就職者が増えた企業を見ると、日本航空が10年の1人から20年は30人、全日本空輸が同じく13人から25人、楽天が4人から24人などとなっている。ちなみに10年の日本航空の就職者が少ないのは、同年1月に経営破綻した影響が大きく、10年の日本航空の就職者数が極端に少ない大学は多い。

2位は明治大。もともと「就職の明治」と定評があったが、07年から20年まで14年連続で志願者が10万人を超え、志願者の増加に伴って優秀な学生が増えていることもあるようだ。10年前より就職者が増えた主な企業は、楽天43人(20人増)、NEC38人(37人増)、IT関連企業のTIS32人(25人増)などとなっている。

3位は東京外国語大。企業のグローバル展開が進んだことや、12年に外国語学部を言語文化学部と国際社会学部に改組し、語学だけではなく、広く国際情勢に興味・関心がある学生が入学するようになったことが挙げられる。就職者が増えた企業には、10年はゼロだった楽天7人、アクセンチュア6人などがある。

4位の学習院大は、10年に比べて、りそなグループ、みずほFGなどのメガバンクが減少する一方、JR東日本13人(8人増)、10年前はゼロだったNEC11人、日本航空11人などが増えている。

東京理科大(19位)、電気通信大(29位)、芝浦工業大(30位)、千葉工業大(32位)、東京電機大(39位)など、理工系の大学が伸びているのも特徴で、この間の社会の変化も反映している。

主要企業への就職者数を見ると、早稲田大(3635人)、慶應義塾大(2712人)が突出している。10年前に比べて就職者数の増加率が高いのは、千葉工業大(2.4倍)、名城大(2.3倍)、芝浦工業大(2.0倍)、近畿大(1.9倍)など。就職者の増加数では、明治大(632人増)、関西学院大(548人増)、早稲田大(532人増)、同志社大(516人増)などとなっている。

主要企業の就職者が大学の就職者全体に占める割合に注目すると、大学通信の調べでは、5位の慶應義塾大は、就職者が6000人近い大規模大学ながら、主要企業就職者が占める割合が46.3%と高い。同大は、就職者2人以下の企業を公開していないため、実際の比率はさらに上がると思われる。10年に比べて就職者が増えている主な企業は、東京海上日動火災保険95人(14人増)、楽天82人(37人増)、三井住友銀行66人(18人増)など。

12位の早稲田大も就職者が9000人近い大規模大学ながら、主要企業就職者の占有率が高く、41.3%。10年に比べて就職者が増えている企業は、楽天91人(47人増)、富士通82人(31人増)、NTTデータ76人(21人増)など。ランキングの上位40位までの大学のうち、主要企業の就職者の占有率が40%を超えている大学は、9位一橋大(56.1%)、25位大阪大(40.5%)、26位京都大(40.7%)、29位電気通信大(41.4%)がある。

新着記事