学習と健康・成長

デジタル教科書で何ができる? 教員の感じたメリットと課題、可能性

2021.03.24

author
有馬 ゆえ
Main Image

デジタル教科書は「子どもの学びをより楽しく、豊かにするツール」

日本デジタル教科書学会会長の長谷川春生さんは、デジタル教科書を利用した阿久津先生の授業を参観。今後のデジタル教科書を使った授業の展望についてお聞きしました。

――デジタル教科書の可能性についてどう考えていますか?

長谷川:デジタル教科書は、子どもの学びをより楽しく豊かにしてくれるツールだと考えています。もちろん、まだまだ教材として改良の余地はあります。また、資料をいくつも同時に見たいときには、タブレット端末の画面サイズを小さく感じることもあるでしょう。

近距離でデジタル機器を使い続けることが健康に悪影響を及ぼすことも考えられますから、その面の配慮も不可欠です。一方で、タブレット端末1台で複数の教科書を持ち運べるようになれば、教科書がたくさん入った重たい鞄を背負う必要がなくなり、身体的な負担が減るというメリットもあるでしょう。

――そのうえで、デジタル教科書を導入する際には何に留意すべきでしょうか。

長谷川:あくまで教材の一つとして捉え、すべてをデジタル教科書で済ませようとしないことです。例えば、理科の授業は実験があってこそですし、家庭科の授業は調理や服飾などの実習があってこそ。体育は、体を動かさないと面白くないですよね。

また、デジタル教科書は学習内容を理解しやすいように作られていますが、同時に情報活用能力を高めていくことも大切と考えます。デジタル教科書を使用するだけではなく、本やインターネットを使って、多くの情報から適したものを探し出し、分析してまとめる学習は必要です。

GIGAスクール構想ではクラウドの活用も必須とされていますから、阿久津先生がおっしゃった家庭とのつながり方の問題も解消していくはずです。コロナ禍、ICT化が急ピッチで進んだのですから、現状を超える教育が実現する未来になってほしいと願っています。

バックナンバー
新着記事
新着一覧
新着一覧

ページトップ