企業入社難易度ランキング

「10年間で入社が難しくなった企業」商社・金融・不動産 ランキング上位40社 1位は三井住友銀行

2021.03.23

author
井沢 秀
Main Image

学生が志望する業種や人気企業は、時代の環境とともに変遷する。企業の盛衰も時とともに移り変わる。ある業種で3番手、4番手だった企業がトップに躍り出たり、逆に花形だった業種や企業が落ちていったりすることもある。大学通信が算出している「企業入社難易度」を活用して、2020年と2010年を比較することにより、この10年間で入るのが難しくなった企業を検証した。業種別の第二回は商社・金融・不動産。大学通信の井沢秀・情報調査・編集部部長が解説する。

商社の上昇トップは伊藤忠商事

もともと入社難易度が60を超え、入るのが難しい総合商社で、10年間で最も入社難易度が上がったのは、業績が好調の伊藤忠商事(18位)。繊維をはじめ、食料、化学品、機械、住生活など非資源事業が強く、時価総額では昨年6月段階で三菱商事を上回った。朝型勤務の奨励などでも話題になった。

採用が多い大学を10年と比較すると、慶應義塾大20人→18人、早稲田大16人→13人、東京大9人→11人、上智大7人→9人、京都大14人→7人、大阪大7人→7人。採用が減少している大学もあるが、入試難易度60以上の大学は、13大学86人から20大学103人に増加している。

総合商社は、伊藤忠商事以外にも、豊田通商(19位)、三井物産(24位)、丸紅(28位)、双日(35位)、住友商事(36位)、三菱商事(38位)がランクインし、7大商社すべての入社難易度が上がっている。このうち豊田通商以外は10年に入社難易度が60を超えていた企業で、さらに入るのが難しくなっており、商社人気を裏づけている。

不動産は、住友不動産(8位)、三菱地所(27位)が入った。いずれも採用数は比較的少なく、三菱地所は10年に入社難易度が62を超えていたのがさらに上がり、20年の全調査企業の入社難易度の総合順位が2位になっている。

(企業入社難易度の算出方法)

就職者数は、各大学へのアンケート調査と企業からのデータを使用した。未回答の大学は掲載していない。また、一部の大学は大学院修了者の人数を含んでいる。慶應義塾大は3人以上の就職者のみ公表。主要419社は、日経平均株価指数の採用銘柄に加え、会社規模や知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に大学通信が選定した。
難易度は、駿台予備学校・共通テスト模試(合格可能性80%)を使用した。全データから、2部・夜間主コース、医学部医学科、歯学部歯学科、私立大共通テスト利用入試を除いた難易度の平均を学部平均難易度とし、その平均値を各大学の平均難易度とした。ただし、共通テスト利用入試のみの私立大は共通テスト利用入試のデータを使用した。
企業難易度は、大学の平均難易度×その大学からの就職者数を企業ごとに合計し、その企業の就職者数の合計で割り算した。同じ難易度で順位が異なるのは、小数点第2位以下の違いによる。就職者判明数が9人以下の企業と企業数が3社以下の業種は掲載していない。

新着記事