部活と勉強 両立するのか

ベネッセ・木村治生さん「部活動と学習時間の関係はほとんどない」

2021.03.23

author
中村 正史
Main Image

部活動の長所と弊害のバランスが大事

――部活動の活動時間と学習時間は関係ないということですか。

二つの相関はほとんどないか、微弱です。これは部活動と睡眠時間の関係がほとんどないのと同様です。

中学では、部活動に入っていない生徒の学習時間の方が短い傾向もあります。部活動も勉強もしないのは、本人の特性なのか、家庭のサポートの基盤が弱いためなのかはわかりませんが、部活動をしている生徒の学習時間が少ないとは一般的にはいえません。

――中学と高校では違いがありますか。

多くが高校に進学する中学生とは違い、高校生は大学受験をするか否かの影響が大きいです。4年制大学の進学率は50%強ですが、進学しない生徒は勉強しない傾向があります。そうした生徒のなかに部活動に熱心な生徒が多く含まれると、部活動の時間が学習時間にマイナスにはたらいているように見えます。

――部活動に対してはさまざまな問題が指摘されていますが、どう考えますか。

部活動のいい面と弊害とのバランスを見ることが大事です。部活動をただ礼賛するのではなく、かといってネガティブな面ばかりを強調するのはどうかと思います。

部活動は学習指導要領の教育課程外で本来は自由参加のはずなのに、学校によっては強制力が強く、また活動時間が長すぎたりします。私たちの調査では、生徒の1割くらいは部活動が楽しいとは感じておらず、半数くらいは部活動の回数が多くて大変だと感じています。部活動の本来の目的や意義、価値を逸脱しているところがあり、これは見直す必要があります。

一方で、生徒たちに高校でどんな成長をしたかを尋ねると、多くの生徒が部活動のことを答えます。部活動は、成長期に同じ目標を持つ仲間や先輩後輩、指導者などと出会い、コミュニケーションや交渉する力、目標の達成に向けて課題を解決していく力を養います。社会情動的スキルとか非認知能力と呼ばれるもので、私たちの調査でも、その一面が表れています=下のグラフ。

部活動は、生徒に貴重な成長の機会を与え、人としての基盤を一定程度、形成している可能性が高いです。ただし、それを厳密に測定することはできないので、過度に評価するのもよくありません。

ベネッセ・木村治生さん「部活動と学習時間の関係はほとんどない」
ベネッセ・木村治生さん「部活動と学習時間の関係はほとんどない」

新着記事